ラーメンを冷まして食べる効果 食事



ラーメンを冷ます方法


 ラーメンは熱くないと食べた気がしない、と言う人がほとんどだと思います。

 しかし最近、私はまずラーメン全体の温度を下げるように心掛けています。
 普通に食べる時より多い量の麺を持ち上げてフーフーとして麺の温度を下げ、その麺をスープに戻します。
 それを何度か繰り返すと、温度が下がり麺も伸びにくくなるように感じています。

 麺を、表面積の多いヒートシンクかラジエーターの様なイメージで熱量放出機として使い、温度を下げます。
 温度が下がった方が麺がわずかに硬めに感じられるかも知れませんし、伸びにくくなるのでゆっくり食べても良いかも知れません。

熱くなくても美味しい


 熱いのに慣れているのでぬるいと損した様な気がするかも知れませんが、食べ物は65℃を越えると味を感じにくいと言う研究もあるそうです。

 冷まして食べた方が味噌ラーメンの味噌やスープの複雑な味が感じられるような気もします。

 ラーメンは熱くなくてはいけない、と言う思い込みを無くす事が一番難しいかもしれません。

 日本人以外であんな激熱な料理を食べる習慣は少ないそうです。
 火傷をする食べ物とすら認識されるので、味を評価されて来なかった面はないのでしょうか。
 世界的なグルメ評論家に、ラーメンのスープを冷ましてスープ皿に入れ飲んでみて貰いたいと思うのは私だけでしょうか。

熱いものは熱く、冷たいものは冷たくは、正しいのか


 自宅でインスタントラーメンを作っても、特に夏はスープ濃いめで作り、後から氷を入れたりしています。

 「水」は冷やさずペットボトルで常温で飲むようになりました。

 ご飯も最近はお皿によそって、冷まして食べています。冷めた方が、食感が良いと思います。

 昼過ぎて社食の味噌汁を頼むと、一杯ずつ鍋で温めてくれるのですが、最近は味噌汁そのままでと注文する様にしています。
 そうすると待ち時間も無くなり、冷ます時間も無く激早で、冷たい味噌汁も美味しいと感じています。

 「熱いものは熱く、冷たい物は冷たく」この言葉に縛られすぎて来たのでは無いかとすら思っています。

 ノウハウ「ぶっかけうどんは常温が旨い」もご一読下さい。