食事中むせる!?時の対処法 

はじめに

常にむせていると、本人の自覚が薄くなる

 


「うちのおじいちゃん、最近、むせて咳き込むことが多くなったわ……。痰もからんで、いつも咳払いしているし。そういえば、最近、食べ物が飲み込みにくいとも言ってたっけ。お餅で窒息する高齢者の方が多いけど、うちのおじいちゃんもそうなったらどうしよう!?」高齢になり、いつもむせている状態になると、自分がむせて咳き込んでいるという自覚が薄くなる方もいます。だからこそ、ご家族の方が見ていて心配されるケースが多い様子。

症状

食事中にむせることがある。唾を飲み込もうとしても、むせる。痰がからむようになってきた。

原因

気道に異物が入らないようフタをする機能の衰え

食べ物や水、お茶、唾液などを飲み込むとき、気管に入らないように、瞬時にパタっとフタをする喉頭蓋があります。このフタは、脳の延髄にある嚥下(えんげ=口の中のモノを飲み下すこと)中枢が指令を出すことで閉じます。加齢により反射神経、運動神経が低下すると、飲み込むタイミングに嚥下中枢からの指令が間に合わなくなることが。

放っておくと…

誤嚥性肺炎になることも……

加齢に伴って、全体的な神経支配や運動機能が低下。すると、食べ物や飲み物、唾液が気管に入りやすくなり、痰も吐き出しにくくなります。それが原因で、異物が気管内に居座って腐敗し、口の中の雑菌も気管内で繁殖するため、肺炎を起こしやすい状態に。これが誤嚥性肺炎のメカニズムです。ちなみに、日本人の死亡原因の第4位は、誤嚥性肺炎。しかし、90歳以上の方だと、誤嚥性肺炎は第2位に。むせないように気をつけることは、重要なエイジングケアになります!

対策

ゴックンと飲み込む筋肉を鍛えよう!

飲み込むための筋肉の衰えを防ぐ訓練も有効です。唇やアゴ、舌などのエクササイズを日課にし、ゴックンと力強く飲み込めるように鍛えてください。むせ防止トレーニングを1日4~5回やるだけです。
はこちらをチェックしてみてください!
↓↓↓↓↓
http://www.karada-aging.jp/sign/mouth/mouth07/?utm_source=fc2_121227_museru&utm_medium=social