犬の歯磨きを上手に行なうコツ ペット・動物

子犬の頃からなれさせたほうがよいことの一つに、犬の歯磨きがあります。
成犬になってから歯磨きをしようとしても、嫌がる犬が多いので、子犬のうちから慣れさせておく方がよいでしょう。

犬用の歯ブラシと歯磨き粉で磨いていきますが、子犬のうちはブラシのやわらかいものを選ぶことをオススメします。口の中に歯ブラシを入れると、噛み付いたり嫌がって首を振る子も多いと思います。

このような場合は、まずは飼い主さんにマズルを触られることから子犬に慣れさせていき、犬用のおやつのチーズのかけらを指先につけて、指で歯を磨いてあげることで、歯ブラシへの抵抗感をなくすとよいでしょう。

犬の歯ブラシを怠ってしまうと、獣医さんでも簡単に歯垢・歯石を落とすことができません。獣医さんで犬の歯石を除去するときは、全身麻酔をした上で治療を行いますが、麻酔には生命の危険も伴うこともあるので、できるだけ毎日の歯磨きを行なってあげたほうがよいでしょう。

この歯磨きを怠ると、口臭の原因にもなります。まさか歯磨きでとお思いかもしれませんが、人間と同じように歯に不具合が生じると、犬本来の健康が損なわれる可能性がありますので、注意しましょう。
子犬の頃からなれさせたほうがよいことの一つに、
犬の歯磨きがあります。

成犬になってから歯磨きをしようとしても、嫌がる犬が多いので、子犬のうちから慣れさせておく方がよいでしょう。

犬用の歯ブラシと歯磨き粉で磨いていきますが、子犬のうちはブラシのやわらかいものを選ぶことをオススメします。口の中に歯ブラシを入れると、噛み付いたり嫌がって首を振る子も多いと思います。

このような場合は、まずは飼い主さんにマズルを触られることから子犬に慣れさせていき、犬用のおやつのチーズのかけらを指先につけて、指で歯を磨いてあげることで、歯ブラシへの抵抗感をなくすとよいでしょう。

犬の歯ブラシを怠ってしまうと、獣医さんでも簡単に歯垢・歯石を落とすことができません。獣医さんで犬の歯石を除去するときは、全身麻酔をした上で治療を行いますが、麻酔には生命の危険も伴うこともあるので、できるだけ毎日の歯磨きを行なってあげたほうがよいでしょう。

この歯磨きを怠ると、口臭の原因にもなります。まさか歯磨きでとお思いかもしれませんが、人間と同じように歯に不具合が生じると、犬本来の健康が損なわれる可能性がありますので、注意しましょう。

最近では犬の歯磨きグッズも充実しており、ペットショップだけではなく通販でも色々な歯磨きグッズが販売されていますので、犬種にあったサイズを選んであげるとよいでしょう。

とにかく、毎日の継続が大切になりますので、やり方がわからない場合は獣医さんに確認するなどして、子犬のうちからしつけておくことをオススメします。

嫌がる子犬に無理やり歯磨きさせようとせずに、まずは少しずつ慣れさせることが重要です。そうしないと、歯磨きの時間になったとたん、物陰に隠れてしまうような習慣がついてしまうので、楽しいものだと覚えさせていきましょう。


誰でも確実に犬のしつけをマスターする方法はコチラ
⇒ http://inunoshituke8.sblo.jp/