教育ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

eco検定に合格するための5つの方法 教育

地球温暖化を始め、資源の有効活用など、環境に関する話題に事欠かない時代ですね。
そして、間もなく2010年7月には第8回環境検定(eco検定)が実施されますね。

eco検定に最短で合格する勉強法

秘訣1.公式テキストを購入する。

eco検定に関する書籍が色々と出版されていますが、公式テキストさえ理解しておけば十分です。

秘訣2.過去3回分の過去問を実施する。

出題形式は、殆ど変わらないので、過去問をやってみて問題の形式をつかみましょう。

秘訣3.公害問題は原因と対策をワンセットで理解する。

自然環境が破壊される原因と、その対策の規制をワンセットで理解しましょう。

秘訣4.環境に関する時事情報をフォローする。

問題の8割は公式テキストから出題されますが、残りの2割は、過去1,2年と来年の環境ニュースが出題されます。最近だと去年実施されたCOP15や、今年10月に予定されている名古屋でのCOP10(生物多様性条約第10回締約国会議)などは要チェックです。

秘訣5.満点を目指す。

合格ラインは70点ですが、他の資格と比べて回答するのにフクザツな問題は問題は出ませんし、制限時間ギリギリまだかかるモノでもありません。
満点も不可能ではないはずです。

今後は、注目される資格の一つで、難易度も高くありません。興味があったら、ちょっぴり勉強して受験されることをオススメします。
関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く