食事ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

自然食のすすめ アップルフジョアケーキ ニュージーの大安売りから 食事

朝早くからいつもの八百屋寄り、
買い物終えて、ふとみると・・・
リンゴが箱に詰められており
1箱四ドル???
おもわず駆け寄る私。
で店のおにいちゃんが、
「買う??三ドルにしてあげるよ!」
即答で
「うん!!買う買う!!」
と買っちゃいました。
家に帰って重さをはかってみるとなんと15キロもありました。
写真は、すでに10個以上食べた残りですわ。


そして、お庭のフィジョアとアップルでフルーツケーキです。


我が家のフルーツケーキは
卵、乳製品は、はいりません。
生地はほぼパン生地です。
甘さは、はちみつ大匙2杯分ぐらいだけで、
あとは、フルーツ自体の甘さと、レーズンを活用してます。
生地 
   はちみつ大匙1強
   タヒニ 大さじ2
   塩 小さじ 1半
   オリーブオイル 大さじ1半
   すりゴマ 大さじ2ぐらい
   フルーツから出た汁 プラス ぬるま湯適量
   これ全部混ぜておく。でこれにふるった粉いれると出来上がり。
 
   強力粉 300グラム
   全粒粉 100グラム
   ベーキングパウダー 小さじ1
   好みでレーズンを混ぜる
   ぱさぱさだったら、ここで水足してもOK
   
フルーツ
   リンゴ 8個 ぐらい
   フィジョア 20個ぐらい
   鍋でイチョウ切りにしたリンゴにクエン酸(小さじ半分)かレモン汁をふって
   小さじ一杯ぐらいのはちみつを入れて温める。
   フィジョアはスプーンですくってざるにあげておく
   リンゴが少ししんなりしてきたら、フィジョアのざるに放り込む
   
   汁は生地に練りこむ。 
   薄く広げた生地の上にフルーツをのせます。
 
砂糖をほとんど使わないかわりに、塩を入れて、ゴマやクエン酸などで風味をだします。
私は200度ぐらいにしたオーブンで25分ぐらい一気に焼き上げます。
皮がカリカリになっておいしいですよ。

もちろん最近凝っている乳酸菌も作成中

しかし、5キロで一ドルか・・・・。日本円だと5キロで60円・・・。いくらなんでも安いよね。
物は腐っているわけでもなく、少し打ってる所もあったけど、ほとんどが綺麗でしたよ。
更新の励みになります。ご協力お願いします。 リンクします。
にほんブログ村
にほんブログ村


http://nzneko.blog98.fc2.com/blog-entry-86.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く