ペット・動物ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

老鳥・病鳥を、停電時にどうやって保温するか ペット・動物


今日の連(♀)。我が家では白斑の少ない、くっきりとした子です。大人しいけれど寒さに強い!

停電時。
健康な小鳥なら、前々回の記事のように、湯たんぽやペットボトルにお湯を入れたもので、十分しのげます。
ただ問題は、老鳥や体調のよくない小鳥の場合。
理想温度の28〜30度は望めないとしても、それに近く保温する必要がある。
そこでそらぴよが考えたり実行したりしている方法は・・・
まず計画停電のような、前もって停電することがわかっていて短時間の場合。
災害で長期間電気が復旧しないような場合。
この2つで取る方法が違うので、分けて書いてみます。
<計画停電のような場合>
◎パターンA・・・停電が在宅時。
?停電の直前まで室温とケージ内温度を高めに上げる。
?停電したら、しっかりケージカバーで覆い、暖かい空気を逃がさない。
?ケージ内の温度計を確認。温度が下がれば湯たんぽや熱めのお湯の入ったペットボトルを次々に追加。
そして旧式ストーブ・・・電気を使わない、やかんを乗せるタイプのストーブがあれば、それで室内温度を上げれば万全です。
ただし一酸化炭素に注意しましょう。
◎パターンB、その1・・・停電が外出時。そしていつものケージを使う場合。
?ペットヒーターとサーモスタットを併用。いつもより空気の流入口は少なくしてカバーをかける。停電復帰時、温度が低ければ自動的にヒーターがオンになる。
?小さい湯たんぽか小型ペットボトルに可能な限り熱めのお湯を入れ、ケージにつける(やけどに注意)。
 ペットヒーターでカバー内の温度が上がっていれば、湯温度も冷めにくい。
?薄めの毛布かフリースを3面にだけかける(真っ暗にしないために、少なくても前面にはかけない)。
 ⇒ただしこのやり方では28〜30度は保てないかも。

◎パターンB、その2・・・停電が外出時。そして出かけている間だけでも、キャリーかマス箱など小さなケージを使う場合。

?小鳥をキャリーやマス箱に入れる。そしていつものケージに、ヒーターとサーモスタットをセット。
?キャリー・マス箱の横面(底では熱すぎる場合がアリ)にホッカイロを貼る。
?暗くならない程度、また空気の流入口を十分確保できる程度に(ホッカイロは酸素を消費するため)、厚手のタオルかフリース布で軽くくるむ。
??を通常のケージに入れ、ケージの上からカバーをかける。
このパターンBその2は、ヒナを育てる時の応用です。
ヒナ育ての時と多少違うのは、ホッカイロを停電時のためのオプションとしてつけます。
ちなみに今回の停電時、うちの文鳥は全員、夜はマス箱で寝かせました。
もともとマス箱大好き鳥ばかりなので、喜んで入ってくれました。


我が家のマス箱セット方法。新聞紙を2枚折りたたんで、


寒い時は、この白い緩衝材?が保温性最高。よくお茶碗を買ったときにお店でくるんでくるもの。これはなんて言うんだろう(^^;


その上に、キッチンペーパーを敷く。

うちで取った方法は、
●1つのマス箱に1つのホッカイロ。横面に貼る。
●手ぬぐいの大きさのタオルと風呂敷を、前面の縦柵扉部分が少し開くように・・・空気がはいるようにかけて、
●そのマス箱4つを上下2つずつにまとめておき、空気が少し入る程度にフリース布をかける。
というやりかたでした。
結果、何日も暖房が全くなく冷え切った室内の、さらに真冬のような朝でも。
起こした時にはマス箱内が、暖かすぎるほどでした。
うちの健康な文鳥には少し甘やかしだったかも。
ふだんはペットヒーターもほとんど使わず、元気な子たちです。
丸1日寒い室内で過ごしたため、風邪予防のための多少の甘やかしでした。
ですが、老鳥・病鳥にはこれでかなり保温できるはず。

災害時などの突発的・長期的停電の場合・・・
これは長文になってしまったので、また次回の更新でメモメモします♪


ランキングに参加しております。多くの方に読んで頂けるよう、よろしければクリックをお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 http://bunpiyo.blog130.fc2.com/blog-entry-126.html
関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く