旅行ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

7カ国目 グアテマラ さっそくティカル遺跡へ 旅行

昨日のベリーズ⇔グアテマラの国境は何の問題も無くすんなりと通過できた。
移動はベリーズ内はローカルバス、タクシーを乗り継いで国境まで3時間近く。
グアテマラは狭い乗り合いバスでフローレスまで2時間半。
あまり長い距離ではないとはいえ、
国境越えでだいぶ緊張感を持っていたのと、
メキシコのような快適バスでなかったので、
やはり少し疲れたかな。
グアテマラのフローレスまでは、
もう到着するだろうなっていう辺りでいきなりバンに乗り代わるよう言われ、
そのままバンですぐ近くの島に連れて行かれた。
というのも、フローレスというと湖に浮かぶ島のことで、
バンに乗り換えた場所は、サン・ファンという町らしい。
フローレス島は観光客で賑わう島なので、
島に行く一歩手元の町サン・ファンは、フローレスよりも安宿が多く物価が安いようだ。
バンの運転手が経営している宿にそのままチェックイン。
まあまあ安かったし、他を探すのが面倒だったもので。。。。
そのままティカル遺跡にいつ行くかを聞かれる。
明日のツアーは朝4時半から。
ツアーではなくて送迎のみだとその後何時でもいいみたいだけど、
朝早いと動物がいっぱい見れたり、朝陽が見れるたりするよ。
という誘い文句にのっかり4時半で申し込む。
昨晩にメキシコのチェトゥマルという国境の町で会った遺跡をいろいろ巡っている日本人に再会して、
いろいろティカルへ行く時の注意事項を教えてもらった。
滑りやすいので、サンダルよりきちんとした靴がいい。
蚊や虫が多いので、長袖や長ズボンがいい。
広いので水が必要。などなど。
ティカル遺跡はグアテマラが誇る世界遺産。
しかし、今まであまり行ったという人に会っていなくて、
どんなものか想像がつかないでいた。
ガイドブックでも読んでと思っていたけれど、
疲れていてあっさり寝てしまい、全く無勉強で向かうことになった。

まだ薄暗い中、数多くの旅行者がティカルに向かう。
自分はまだ完全に起きてなくて、行きのバンの中でも熟睡。
フローレスから1時間以上かかって到着。
朝陽は?と一瞬頭をよぎるが聞かなくてもわかるくらい雲に覆われている。
さすが雨季。
ここは森の中。
メキシコのパレンケ遺跡のような感じかなと思って、いざ遺跡の中へ。
道はほとんどが山道にあるような歩道の感じで、
比較的歩きやすいが、やっぱりつるつる滑っている人がちらほら。
ビーサンで来ている観光客もちらほら。
遺跡群や神殿は森の中にぽつんと現れる。
背の高い木々に覆われているので、近づかないと遺跡群が見えてこない。
実際ティカルが栄えていた当時は何百メートル四方を見渡せるくらい建物以外は何もなかったらしい。
今では木々に覆われていて、いくら切り取ってもかなり湿度が高いため
すぐに木々は元通りになるらしい。維持が大変そう。
さらに木の根が遺跡の石に絡まるように成長していて、
完全に取り除くのが困難なようだ。
ティカルには主な見所として、1〜5号神殿と呼ばれている大きなピラミッドがある。
1号と2号の神殿は広場を挟んで向き合って建っている。
1号の方は50m近くの高さがあり、上に上に伸びて建てられているような遺構がある。
急勾配の正面階段の上に小さな神殿が設けられていて、その神殿の屋根に当たる部分が
さらに真上に向いて高く建てられ、正面に彫刻が施されている。
その彫刻は完全に復元されてはいないけれど、これがあると相当高く見えるだろう。


5号神殿も背が高く60m近くの高さがある。
上に登るのにほぼ90度のハシゴを登らないとダメ。
まあ崩れることはなさそうなハシゴなので、なんとか上に登ったけど、降りるのが怖い。
今まで見てきたマヤの遺跡にはそんなに高さを感じるものはなかったけれど、
これは高いなーと感じる。
それでもメキシコのテオティワカンも同じくらいの高さ。
テオティワカンはなだらかに高さがあるので、そこまで高いと感じなかったけれど、
ここは鋭角に上に伸びている。
この神殿は、発見当時は神殿の頭の部分がわずかに見えていただけで、
この下に何かあると主張した考古学者が、いくつかの国に資金をもらって、
何年かかかって掘り起こし、さらにはここまで修復したとのこと。
こんな巨大な遺跡も土や木々に覆われ、全く見る影もなかったというのだから、信じられない。
そして、考古学者の根性を見た気がする。


5号神殿からの眺め。
よくティカルを現す写真として使われている眺め。
森の中に突き出た遺跡の一部。
スターウォーズ・ジェダイの復讐にも使われたとか?



遺跡の中には、不自然に山になっているところがいくつかある。


そこに以前ピラミッドがあったみたいだ。
階段がわずかに残っていたりするが、見た目に何かの遺跡だと最初に発見した人はすごいわ。
それが修復されると、きちんとピラミッドになる。


これも発見当時は土の山にしか見えなかったはず。
うーーん。考古学者ってやっぱ、すごい。
遺跡はまだまだいくつもあるけれど、
ティカルで有名なのは、いろいろと動物が見れること。
猿やタランチュラや巨大なバッタとか…
ハナグマが普通に見れる。
恐るべし野生動物園。


今日は朝からずっと曇っていて、湿度が異常に高い。
雨もちらほら降ると、じめっぽさが増して、広い遺跡を歩くのにくだびれてしまった。
今まで見てきたメキシコの遺跡群は、
ほぼ完璧に修復され、遺跡の周辺は整備されている。
その修復の進み具合で、その当時の文明を想起できるものもあれば、できないものもある。
その大きさを感じれるものもあれば、そうでないものもある。
古代遺跡の修復、見せ方って難しいなと感じる。
メキシコはさすがにお金をかけて世界遺産を保持しようと完璧に整備しているのがわかる。
ティカルもこれから整備が進めば、チェチェン・イッツァーのように
完璧なピラミッドがお目見えするのだろうか?
それにしても、遺跡見学は体力がいるわ〜
結構見るべき箇所がいっぱいあるので、
4時間近くティカルの森を彷徨っていた。
ゆーじ

http://96happyjourney.blog112.fc2.com/blog-entry-187.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く