アート・エンターテイメントノウハウをみんなで自由に編集し合える!

レシピボックス アート・エンターテイメント

ビーズアクセサリーキットの作り方説明書がたくさんになってきたので
保管用にレシピボックスを下ろしました。


むうみん♪
ムーミン60周年アニバーサリーのマグカップが入っていた箱で
レシピボックス仕様ではないと思うのですが
いかにも、空き箱はそういうふうに使ってね♪的なサイズと
しっかりした作りなのです。
ひところ、こういう綺麗なボックス入りのキャラものマグカップがよく売られてて
これは仕事のスタッフさんの休憩用にガッと買い込んだもののひとつ。
中身もさることながら、箱が欲しくって!
ピーターラビットのも持ってますけど、それも可愛いの(

  • ^^*)

ここ数年のことですが、
レシピボックスというものの存在を知って、ちょっと入れあげ気味でした。
レシピボックスの主な隆盛期は20世紀半ばだと思います。
50's の頃ですね。
ハガキの半分程度の大きさのカードに、お料理一品ずつのレシピをまとめ、
検索しやすいようにインデックスをはさみながら小さな箱に立てて保管する、
という古き良き時代のファイルシステムです。
キッチンで使われる物なので、箱の素材はティンが主流ですが
オークや陶器など様々な素材とデザインの箱があって、
女性が使うものだからでしょうか、どれを見ても、とってもキュートなのです。
キャンベルやハーシーズのような食品メーカーのノベルティグッズとしても
たくさん出回っていたそうで
コレクターさんも世界的に多いみたい。
最近のナチュラルライフブームでちょっと再注目され、
現代物のティンやウッドも国内で流通してますが
実用する人は少ないみたいですね〜、
良い物は探すのが大変だったし、すぐ見かけなくなりました。


お料理に使おうってなると、カード作りからつまづきそうで
トリコもそんな気になれなかったんですが
小物入れに使ってみると、これがすごく便利で!
上のペパーミントグリーンの現代物ティンは、お化粧品のサンプル入れにしてますが
これに保管するようになってから
使わずに捨てちゃうとか、いつのまにか行方不明〜なんてことがなくなって
適期適用できるようになりました。
いちばんお気にのアンティーク、キャンベルスープのティンには
クリップなど細々した文具をスタンバイさせています。

 
ムーミンのは、紙箱ではありますが、表は汚れにくそうなコート紙で
箱裏にも可愛いイラストやお花模様があしらってあって
蓋は後ろへ倒れないようにリボンのストッパーがついてます。
小さくたたまれた説明書や、残りビーズのパックを入れるのにぴったりの大きさ。
ずいぶん長い間、空き箱のまま仕舞ってありましたが
まさに今が出番ですよ!
レトロな箱絵とビーズアクセサリー、どちらもノスタルジックで
同類項って気がしませんか。
死蔵してたモノが活かされる時というのは
何にしろ、気分が晴れ晴れとしますね〜(*^^*)♪

http://trico07.blog105.fc2.com/blog-entry-73.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く