健康ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

虫歯を予防する方法 健康

虫歯予防に食後の歯磨きをしている人、いますよね。
口臭を除去するためにも歯磨きは有効ですが、間違った歯磨きを続けると逆に悪影響を及ぼすことがあります。
歯科医を受診した際にいろいろと伺ったり、自分で調べたりしましたので、参考までに書き残しておきます。

そもそもなぜ虫歯になるのか

食事をすると、口の中に居る細菌が糖分をエサにして歯を溶かす酸を作ります。この酸によって継続的に歯が溶かされた
結果、欠けた状態になること。こ
れが虫歯です。
この酸は唾液によって中和され、だいたい食後30分で無くなります。

予防方法は?

大きく分けて2つです。一つはそもそも細菌が少ない状態にすること。もう一つは細菌にエサを与えないことです。

細菌が少ない状態にする

食前の歯磨き

普通歯磨きといえば食後ですが、食前に行うことで細菌を除去できます。とくに起床後の朝食前は効果的です。
歯磨き粉のせいで味が変わってしまうのが気になる人は歯磨き粉をつけずに磨きましょう。

細菌にエサを与えない

食べる回数を減らす

溶かされる回数を減らすことで虫歯を予防する狙いがあります。
また、唾液による歯の修復機能(再石灰化)をなるべく活かすためでもあります。
間食はなるべく取らないように心がけましょう。ダイエットにもなります。

食後に歯磨きをする

エサ自体を除去してしまう目的です。
なお、医師によっては食後30分以内は磨かない方が良い、という人もいます。
これは、細菌によって溶かされた歯の成分は、30分経つと唾液によって再石灰化され元にもどるから、という主張です。
しかしこれには異論があり、溶かされる前に磨いた方がいい、という医師もいます。
どちらが正しいかは、まだ結論が出ていないようです。ちなみに私は気が向いたらする方です。

読んでくださってありがとうございます。
私は医師ではないため、情報が正しくないこともあると思います。
もしより正しい情報がありましたらコメントなり編集なりしていただけるとうれしいです。
参考サイト:http://www.xn--kdkaib5006b.xyz/category3/

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く