アート・エンターテイメントノウハウをみんなで自由に編集し合える!

ラミネートの面白い使い方を考える。Vol.01『オリジナル缶コーヒーを作ってみる』 アート・エンターテイメント

 DYSオリジナル缶コーヒー
ラミネーター(ラミネート加工の為の機械)を持っているのですが
何ぶん使う機械が少なく
『もっと面白い事ができるはずなのに〜』と感じていたので
変わった使い方を考えてみました。
店や、会社をやっている友人に
その店のロゴや名前で『オリジナル缶』を作って
プレゼントしたら喜ばれないかと考えています。まずは簡単な説明
■ラミネート加工(パウチ)とは
接着性のあるポリエステルフィルムを印刷物に熱圧着する加工方法で
印刷物を保護し、色落ち・摩耗の防止、防水、、艶を出すことができる。
店頭のPOPや、お店の会員カード、メニューなどに使われています。
個人的な意見としては、大きいもの、薄いものに使うと
手作り感たっぷりなチャチくなってしまいます。

色々と活躍しそうと思い購入しましたが
いまいち出番が少なく模索した結果
『オリジナル缶コーヒー』を作ってみました。



ようは、
インクジェット用シールをラミネート加工して
艶を出したものを作って貼っただけです。
意外とばれませんでした。

友人が遊びに来るときに、机の端にさりげなく置いておきました。
彼はこのブログとニワトリマークを知っていたので
見つけた時に
「ん??… 何これ!!」と
少し驚いてくれました。


ラミネーターは4本ローラーの機械をお勧めします。
↓ボクの使っているものです。


もっと安いタイプもあるのですが
ローラーが4本ですと気泡、皺ができにくく
仕上がりに曲がりが出ません。

「ラミネーターでもっと面白い事できるよ」という方が
いらっしゃいましたら是非教えてください。
でわでわ〜 http://dysfac.blog76.fc2.com/blog-entry-145.html
関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く