ギャンブルノウハウをみんなで自由に編集し合える!

行動経済学から考える「パチスロで負ける理由」 ギャンブル

誤解を怖れずに申し上げるなら、
パチスロ・パチンコにおいて
人間が完全に合理的に行動したならば
パチンコ業界が儲かるはずは無い。

私がパチンコ・パチスロを極めた方法はこちら
⇒ http://commufreelife.com/pachinko/

しかし、悲しいかな。
行動経済学によれば、
人間は部分的に合理的であって、
完全には合理的ではないのである。
さて、ではその部分的でない部分。
つまり不合理な行動をついつい取ってしまう部分。
それによってパチンコ屋は儲かっているのだから、
私たちはその不合理な部分を打ち倒せば儲かるということだ。

では、これから不合理な行動を解説していく。
まず、今回紹介する不合理な行動は、
勝っているときはリスク回避型、
負けているときはリスク志向型、
という我々人間の頭の構造についてだ。
人間にとって、仮に同額の勝ちと負けを比べるならば、
一般的に負けたくない気持ちの方が強い。(あくまで一般論)
そのため、負けているときはそれを取り戻そうと、
ART機にぶちこんだり、低設定でも爆発しやすい台を打とうとする。
これは非常に自然なことであるが、
同時にパチンコ屋を儲からせている一因でもある。
博打に負けて起死回生にと厚く張ったときは当たらない。
「取り返そう」という思考に陥ったら、
まずはそれをどうにかして振り払うことだ。
全部取り返せなくても、ARTの設定1を打つんじゃなくて、
設定6がないならエヴァの天井狙いでもいいから
勝てる見込みの高い台を狙うようにすることだ。
つまり勝っているときはリスク回避型、
負けているときはリスク志向型、の言葉通り、
人間は本来の客観的な確率に対して、
勝っているときは「負ける可能性を過剰に恐れ」
負けているときは「勝てる可能性を過剰に信じる」
そういう生き物だということだ。
まずはそれを意識して、
逆に動くようにしてみよう。
勝っているときは直感で感じるよりちょっと大胆に、
負けているときは直感で感じるよりちょっと慎重に、
それだけでもパチスロライフは少し変わるはずである。


私がパチンコ・パチスロを極めた方法はこちら
⇒ http://commufreelife.com/pachinko/

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く