ペット・動物ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

犬の遺伝病 ペット・動物

●犬を守る為に●
犬には命に関わる恐ろしい遺伝病がいくつも有ります。
遺伝を無くすには、交配の前の遺伝子検査が不可欠です。
遺伝病のキャリアだから、その犬がいけないのでは有りません。
キャリアでも発病せずに元気に一生を全うできます。
我が家のM・ダックスもPRAの遺伝子を持っています。2009年に失明しました。
無くなった視力は戻りません。でも今は元気に走れるようになりました。
キャリアの子の交配を止めなければ遺伝病はなくなりません。
交配をお考えの方は、必ず遺伝子検査を行ってください。
可哀想な子を増やさない為に、辛い飼い主を増やさない為に考えてください。
2010年12月、新たにチワワで2例目のCL症であろうと言う発症が確認されました。
だからと言って、発症が2頭だけなのでは有りません。この病気と断定されずに亡くなった子は沢山いるはずです。
疑わしきも10数例確認されています。
そしてキャリアと知らずに今の交配が続けられています。
CL症(遺伝病)の恐さを報道した番組があります。ご覧下さい。
20041010 報道特集 愛犬突然死の謎
http://www.youtube.com/watch?v=ugQ0spqKuKM

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く