旅行ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

いい温だな〜 旅行


オーストラリアと同じく、ニュージーランドも各地にキャンプ場があるようなので一安心。
空港でもらったキャンプ場の冊子を見ると、ニュージーランドのキャンプ場には大きなグループが3社あるようだ。
「family parks」「TOP10」「KIWI HOLIDAY PARKS」の3社で、昨夜は「family parks」というキャンプ場に泊まった。
「family」という冠がついているだけあって家族連れが多く、ブランコやトランポリンなど、子ども達向けの遊具施設が充実していた。
私達にとって嬉しいのは、前のキャンパー達が残していってくれた鍋やお皿が使えること。
キャンプ場によっては調理器具の寄付を禁止しているところもあって、チェックインしてキッチンを覗いてみないとわからない。
今までパスタを作る気満々で、キッチンを覗いてがっかりしたことが何度もあったので、そろそろ鍋の一つくらい買ったほうがいいかもしれない。
子ども達がいっぱいのピースフルなキャンプ場を後にし、ホット・ウォータービーチから車で15分ほどの場所にある「カセドラル・コーブ」へ。
海の中に突き出た白い岩があるビーチまで、片道45分の山道をハイキング。
オーストラリアの景色と圧倒的に違うのは、杉林や松林があったり、ススキによく似た植物が多かったりと、ニュージーランドの山が日本の山に似ていること。
ドライブしていると川もよく渡るので、ニュージーランドは日本と同じく雨が多いのだろうと思う。


日本っぽい山道を抜けて、ビーチに到着。
海辺は、日本では見たことのない石灰を多く含む真っ白な色をしている。
カセドラル・コーブの白い岩に近づくには、波が引いたときに全速力で走って向こうのビーチに行くようになっている。
行きは成功。
帰りは靴の中までびしょ濡れになってしまった。


その後、ひたすら温泉の街「ロトルア」までドライブ。
ロトルアに近づくと、車の中まで硫黄の香りが漂ってくる。
ロトルアは、大きなスーパーが4つもある大きな町。
ロトルア湖の側の住宅街は、そこら中から温泉の湯気が出ている。
キャンプ場にチェックインしてキッチンを覗くと鍋がないので、街に買いに出た。
フライパンを一つ購入。
これで卵料理もできる。
ほくほく。


夕飯の後、キャンプ場にある温泉に入りに行く。
今夜のキャンプ場には、子ども用プールのような大きさの温泉が3箇所あり、宿泊客は自由に入れるようになっている。
満天の星空の下、水着で温泉につかる。
気持ちいい〜〜。
お湯の温度も38〜40度くらいなので、星を見ながら皆さん長時間おしゃべり。
明日は泥風呂に行く予定。
日焼けでかさかさになっている肌も、つるつるになるかな。
温泉があるのは嬉しいけど、ロトルアは山の街なので、昼間でも肌寒い。
今夜からはしばらく車中泊になりそう。
ありさ http://96happyjourney.blog112.fc2.com/blog-entry-57.html
関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く