食事ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

トマトが食べれるようになる方法 食事

トマトらしくしないようにしよう!

周りのトマト嫌いの人に「トマトの何処が嫌いなの?」と質問したところ・・
ダントツに多かったのは「青臭い」からという事でした。
トマトらしいあの雰囲気がいやなら、
それを取り除いてしまいましょう・・
と、言う事で、保存も長く出来るジャムにしてみましょう。

リンゴとトマトでジャムを作ろう!

少し柔らかめのアイスクリームとかに
あわせても相性の良いジャムになります。
圧力鍋でパパッと作っちゃいましょう!
トマトだけで作っても良いのですが、
作った時にトマトをかなり使った記憶があるので、
リンゴと混ぜて量と味をUPさせてみましょう!

簡単なコツを少し

★トマトは水っぽいので煮るならお水はいらない!
★お砂糖はお好みで!
★トマトを多くするか、リンゴを多くするかはお好みしだい
★味がイマイチだったら、ひとまず砂糖を足したり
  リンゴを足したり悪あがき(笑)

準備するもの
・トマトお好みの量
・リンゴお好みの量
・砂糖好きな量
・レモン一個(目安)

・始めにトマトとリンゴの皮をむいて適当な大きさにして、
 鍋に入れれる(リンゴは芯をとってね)

・お好みの砂糖の量を入れる。味見した時よりも煮詰まると
 味が濃くなるので、そこら辺を考慮に入れて砂糖を投入。

・圧力鍋で加圧10分ぐらいしたあとに、自然に減圧するまで待つ

・レモンの汁を足して焦げ付かないように、かき混ぜながら煮詰める!

・好みのトロみが付いてきたら完成!

▲レモンを入れないとトロみが、なかなかでてきません。
  もしレモンを使用しない場合は市販の「ペクチン」を入れてください。
▲すこしトロみ付いてきたら一度味見して、
  砂糖を足したりして味の調整してもOKです!

トマト嫌いの友人に食べてもらったのですが、
トマトジャムだと判らないといっていました!
関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く