家族ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

姑と上手に付き合うコツ 家族

■姑女と嫁は永遠に他人

同居している場合、段々と打ち解けてきて、良い嫁だ、良いお姑女さまと言う関係になる例も多くありますが、
もともと二人は他人同士、ある程度他人行儀であることが、円満への道です。
実の娘と実の母のような関係になろうと、あまり一生懸命ならない事です。

■嫁は夫と姑・姑女のケンカに口を出さない

夫と姑・姑女は血のつながった親子です。
どんなに激しくケンカしても、ケロッと仲直りするものです。
そこで、嫁が夫の肩をもったら、ケンカの矛先が嫁に向けられます。
もし、肩をもつのなら姑女に軍配をあげる方が無難です。

■家事・付き合いは姑女の意見を聞く

正月の雑煮の作り方、漬物の漬け方、冠婚葬祭、親戚付き合いなど、
嫁は婚家の家風に従うものだという考えが姑女にはあります。
とりあえず、姑・姑女と上手く付き合おうと思っている方は、姑女の意見に従えば間違いありません。

■子供の前で姑女の悪口は言わない

子供はほとんどの場合、母親の見方に付く傾向がありますので、子供の前で姑女の悪口を言うと、
自然と子供が姑女に対して冷たい態度を取りがちになってしまいます。
そこで、例え子供が姑女に「お母さんがおばあちゃんの悪口言っていたよ!」と言わなかったとしても、
姑女は薄々気づくものです。
気づかなかったとしても、「親のしつけが悪い」などと言われることもあるので注意しましょう。

■遠慮しすぎてもいけない

遠慮ばかりしていても長い年月一緒には暮らせません。
甘えたり、上手くわがままを言ったり。
例で言うと、
「この前作って頂いた○○のお味とっても美味しかったわ。味を覚えたいので、また作って頂けないでしょうか?」
などと言われたら、悪い気はしないものです。

■姑と夫の兄弟は嫁にとって異性

姑女や小姑が嫁にとって強敵なのに対して、姑や夫の兄弟は味方というか、まるめやすい相手です。
しかし、気を許しすぎて図に乗っていたら、とんでもない落とし穴があります。
同居の「異性」と 不 倫 な関係になる例も良くあります。嫁としての厳しい認識が必要です。

■事実関係で争わないこと

年とともに物忘れ、記憶違いも増してきます。
一つの事柄で、姑女が間違って覚えこんでいる場合、違う・違わないであまりしつこく言い争うのは、
険悪になるだけ!一歩引き下がるのが賢明です。

■話の腰を折らないこと

話のテンポが遅く、話の内容が分かってしまっても、「それは○○の事でしょう?」と先手を打たないこと。自分もそうされると不機嫌になるように、姑・姑女も一緒です。
例え、自分も知っている話でも、姑・姑女にとってはビッグニュースかも知れません。
そういう場合は知らなかったふりをしてあげるのも、優しさです。

■姑・姑女と上手く付き合う3法

・喜ばれる助け船
過去の思い出話は良く聞いてあげましょう。
また、度忘れがあって、それを思い出すのに時間がかかりますが、そんな時は、
「あれは○○の事件の頃でしょう」と助け船を出してやると、物知りだし、
良く人の話を聞いてくれると満足してくれるでしょう。

・同じ話の繰り返しは常
若いときの自慢話・苦労話・病気の話などになると、いつも同じ内容なので、
聞くほうはうんざりですが、我慢して聞いてあげることです。

・愚痴を聞いてやる
自分もそうですが、愚痴は吐き出してしまうと気がすみ、ストレスも解消します。
ですから、大変ですが、一通り聞いてあげましょう。その際、相づちも必要です。

引用元:http://kaitekinosusume.web.fc2.com/syuutome.html
関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く