その他ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

喫煙者がタバコを吸うときの3つのマナー その他

はじめに

昔は場所や状況を気にせずタバコを吸っても、周囲の人から何も言われないことも多かったでしょう。
しかし、最近はタバコの値上げや、条例により一定の区域内での喫煙禁止など、喫煙者への風当たりがどんどん悪くなってきています。
喫煙者がどんどん減っていく中でも
「タバコがやめれないけど、周囲への迷惑は考えないと・・・」
「タバコは好きだからやめないけど、吸う場所や状況を考慮しよう」
など考えている人も多いと思います。
今回は喫煙者のための、タバコを吸うときに気をつけることをご紹介したいと思います。

周囲に人がいるときは必ず一言

喫煙しない人にとっては副流煙すら害のあるもの。隣でタバコをいきなり吸われたら不愉快なものです。
周囲に人がいるときは必ず一言声をかけてから吸うようにしましょう。それだけで大分印象がかわることでしょう。

飲食店での喫煙はご法度

飲食店での喫煙はなによりもご法度です。タバコを吸わない人にとって、ご飯の最中にタバコのにおいがすることはなによりも嫌います。
食事中にどうしても吸いたくなってしまった場合は、トイレに行ったり、外にでて吸うことをオススメします。

歩きタバコは最上級のマナー違反

既に一部の地域で条例により罰金を科せられている歩きタバコ、絶対にやめましょう。
副流煙はもちろんのこと、歩きタバコによって火傷を負う子供なども珍しくありません。もしそのようなことがあれば、表立ってタバコを吸えなくなってしまうでしょう。
外でタバコを吸うときは灰皿がある場所などで、立ち止まって吸うことをオススメします

おわりに

喫煙者の皆さん参考になりましたか?
マナーを守ってタバコを吸えば、周囲の人も何か言ってくることはなくなるでしょう。
ルールを守って楽しく喫煙で、周囲との関係も良好に保ちましょう!

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く