健康ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

健康で美しくなるための四つの原則 健康


Photo by (c)Tomo.Yun
食事や日常生活を整えることによって健康となる。
若さを保ちながら、同年代より髪や肌を美しくする。
病気であるのなら、自分の自然治癒力を向上させて病気を治す。
そのための方法が古来より伝わる養生法です。
そして養生法はとても簡単です。たった四つの原則さえ知っていれば、誰にでも実行可能なのです。
養生法の原則とは以下の通りです。
1、全身の流れを良くすること
2、よい物を取り入れ、よくない物を排出すること
3、生命力を身体に貯めること
4、胃腸をいたわること「全身の流れを良くすること」
身体の中では血液が酸素と栄養を常に運んでいます。血管を通して酸素と栄養がスムーズに流れるとき、身体に活力が満ちて頭もよく働きます。
これが砂糖・喫煙などで血液の質が悪化したり、緊張・ストレスで血管が収縮するとスムーズに栄養が届かなくなります。結果として全身の免疫力が低下し、脳の働きもおぼつかなくなるのです。
日常的に身体を動かして血液を流すこと。さらに砂糖・アルコール・油ものを減らして血液の質を高めれば、より若々しい身体ができるのです。
「よい物を取り入れ、よくない物を排出すること」
身体は常に呼吸や食事・排泄を通して、物質を取り入れています。食事からあなたの身体が出来上がるのですから、良いものを食べれば健康な身体ができるのは当然です。
逆に菓子パンやお菓子、栄養補助食品ばかり食べていては、不健康な身体になってしまいます。ですからお米とみそ汁を中心とした食事をとり、便をよく出すことが健康への近道となります。
「生命力を身体に貯めること」
東洋医学やアーユルヴェーダでは身体の中に生命力があると考えています。
そして生命力こそ健康と若さの源とします。生命力が十分にあれば健康でハツラツと人生を楽しめますし、生命力が少なければ体調も悪くなってしまいます。
生命力には個人の大小がありますが、大切なことはそれを身体の中に貯めていくことです。貯金と同じで生命力は貯めることができます。早寝早起きであったり、日常的な運動をしていると生命力が増えていきます。
逆に夜更かしをしたり、性行為が過ぎるとどんどん身体の力が無くなっていきます。早寝早起きを心がけている人と夜更かし習慣の人では、同年齢と思えないぐらい容姿が異なるのもこのためです。
夜は日が変わる前に寝る。目を使いすぎないなどに気をつければ、身体の生命力はどんどんと増していくことでしょう。
「胃腸をいたわること」
身体の根本とは胃腸です。胃腸で食事から栄養を取り入れられるからこそ、健康的で美しい身体が作られます。
ですから胃腸を大切にしてやることがあなたの若さを呼び戻します。具体的には食事は空腹を感じてから食べる・温かいものをよく噛んで食べるなどです。
逆に冷たいものを食べる、お腹一杯食べる、ガツガツと急いで食べるというのは、お腹をいじめる行為です。胃腸が弱ると極端に体力・気力が落ちます。
ですからできるだけ胃腸を慈しむことが、あなたの人生を活力あふれたものに変える条件なのです。
四つの原則を覚えていれば、あとはあなたの生活に合わして養生法を実行できます。また様々な健康法や食事法を見ても、それが正しいかどうかを判別することができます。
健康で美しい身体となるのも、病気がちで楽しみにかける人生を選ぶのも、
すべてはあなたの食事や生活で変わります。
日常生活を整えることによって健康で美しい身体を作ってみませんか。
【関連記事】
 ■若く長生きするための理論? 全身の流れを良くすること
 ■若く長生きするための理論? よい物を取り入れ、よくない物を排出すること
 ■若く長生きするための理論? 生命力を身体に貯めること
 ■若く長生きするための理論? 胃腸こそ身体の根本です。 http://otanaga.blog58.fc2.com/blog-entry-207.html
関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く