教育ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

実は見えていない子供の目 教育

よく教育現場で聞くのが

「視力が弱くて黒板が見えづらい人は前の席にするので言って下さい」
というもの。
しかしながらメガネがこれだけ一般的に普及してきて、
コンタクトもソフトレンズの安全性が向上、
心配ならハードレンズ、
どうしても嫌ならばレーシックやオルソケラトロジーなど、
強制的に視力を上げる方法はかなり発展してきている中、
黒板が見えづらい人を前にするという事が本当に必要でしょうか?

もちろんケースバイケースで必要となる事態もありえます。
今回はそういうイレギュラーなケースを抜きにして、
子供たちの視力に対する現状をお話しします。

実は見えていない子供の目
先生ですらこの事実を見極めるのは困難です。
なにせ自分の目ではないのですから。
では子供に自己申告させてはどうかというと、
実はそうもいかなかったりすることも多いのです。
その主な原因の一つが
視力が低い=視力が悪い
という思い込みです。
最近は視力に対する抵抗が以前に比べるとなくなってきましたが、
それでも視力はなるべく高い方がいいんだ!
と思い込んでいる子供たちが多くいます。
また、視力の評価というのは記号や数値化できてしまうため、
特に男の子の競争心をあおってしまい、
見えていないのに見えているように見せかけるそぶりも見せたりします。
すごい子だと健康診断で並んでいる間に視力のボードを全部覚えてしまい、
その上で受ける子供もいるぐらいです。
それゆえ、健康診断では問題なしとされていても、
実際には黒板の字が見えていない可能性というのは大いにあります。

メガネをかけている子だって安心できない
これもよくあるケースなのですが、
メガネをかけているからといって、黒板が見えているとは限りません。
特に乱視の入っている子はメガネをかけていても見えていない可能性があります。
もちろんコンタクトの子も同様です。
「うちの子は乱視が入ってないから大丈夫」
そういう方も多いのですが、
子供が乱視という存在を知らないがために申告できていない
可能性も往々にしてあるのです。
その大きな原因は
視力検査は自己申告であるという事。
私は視力と学力の相関性も調べていたため、
実際に子供たちで実験してみたことがあるのですが、
自分の視力や見え方についてその症状を正しく説明できた子は
小学生・中学生ではほとんどいません。
高校生になってやっと半分ぐらい。
しかもこちらが誘導してです。
つまり、ほとんどの子が自分に合ったメガネをかけていない可能性があるわけです。

メガネが合っていないとどうなるの?
黒板が見えません。
当然ノートを写すのが困難になり、わからないところが増えます。
わからない所が増えるとやる気がなくなります。
黒板を見る必要すらなくなってきます。
この悪循環から成績の低迷を招く恐れがあるのです。
また、掲示物などの外部から入ってくる情報も少なくなります。
これはさほど気にすることじゃないと思われがちですが、
私生活における全てがこの調子では、
視力が高い子に比べて視力の低い子が得られる情報量が
圧倒的に少なくなります。
これが子供の間の知識の幅に響いてくる事はわかってきています。
このように、見えていない事はそれだけで今の情報化社会では不利になってしまうこともあるのです。

見えていない子はどうすればわかる?
ノートを見ていればわかります。
普段ノートに書いている子が書けていなかったり
友達のノートを写させてもらっていたりすればほぼ確実に見えていません。
また、目を細めてみている子も見えていない事が多いでしょう。

黒板が見えていない子はどうすればいい?
ここでほとんどの先生は「なら席を前へ」とやるのですが、
私はそれは絶対にやりません
もちろんメガネを作るまでの間、一時的に席を前にすることはありますが、
恒常的、もしくは優先的に前の席へ持ってくる事はありません。
だって、もし試験の時に一番後ろの席になってしまったらどうするんですか?
一番前の時計が見えなかったらどうするんですか?
時間割が見えなかったら?
問題訂正が見えなかったら?
こういう子の問題は今授業を受けているこの教室の中だけの問題ではないのです。
そのため優先的に前の席になどというその場しのぎの方法は使いません。
親へ黒板が見えていない事を話し、
メガネなりコンタクトなりを作ってもらいます。
そしてできあがるまでの間は前の席へ移動させます。
もし家庭の方針としてメガネやコンタクトを作らないということでしたら、
私も自分の教育方針として、前の席に持ってくるような事はいたしません。
その子が今後もその視力の環境で生活していくのであれば、
甘やかすのはかえって失礼であると考えられるためです。
※ちなみに私の座席票は心理学的相性から伸びやすい場所へ決定します。
視力は判断基準に含まれておりません。

メガネはどうやって作ればいい?
じっくりと視力検査に時間をかけてくれる眼科を探しましょう。
いくら早く診察が終わるとはいえ、流れ作業的に検査して処方箋を出してしまうような所では、
正しい視力検査ができるとは思えません。
また、眼科に連れて行く前に、子供の余計なプライドはぬぐっておきましょう。
視力が高い方がいいわけではない。
自分に合ったメガネをかけることが、成績向上へも結びつくんだ、と。
また、もし可能ならば乱視の検査もしていきましょう。
これは自宅でも簡単にできます。
ノートの真ん中に1cmぐらいの黒い点を書き、
ちょっと離れた場所からその点を見て、
どちらの方向にぶれているかを聞けばいいのです。
これがただ単にカメラのピンボケのように拡大されてぼやけているだけなら乱視はないのですが、
縦や横、斜めにずれていれば乱視です。
予め乱視の疑いがあることがわかれば、
眼科に行った時にその旨を伝えれば、
ほとんどのお医者さまは丁寧に見てくれます。

メガネをかけると視力が悪くなる?
これはメガネのせいではありません。
生活環境のせいです。
例えば今まで携帯ゲーム機を目の近くに持って行ってやっていた子がいるとしましょう。
この子がメガネをかけました。
もちろんゲーム機も目から離しても見えるようになりました。
でも今までの習慣から目を近づけて見てしまいます。
すると、目は頑張って今まで通りの見え方をするように筋肉を使います。
結果視力が悪化していくという訳です。
この原因は視力が悪いまま生活させていた事が大きな原因です。
しかしながらそうなってしまっては手遅れ。
今更どうこう言ってもしょうがないので、
視力が下がるのが気になるのなら、
その時その時でメガネを使い分けるようにすればいいのです。
ちなみに私の場合は、
メガネ9つ。
コンタクトレンズ5種類を持っています。
これを時と場合によって使い分ければ視力低下を防げる。
はずだったのですが…
めんどくさくてほとんどメガネ1つで過ごしてしまっています。
だめじゃん…(汗)
でも用途に応じて細かく使い分けているのは事実です。
目で見て集める情報にはそれだけの価値があると思っています。

子供の視力もどんどん変わっていくものです。
できれば1年に1回。
最低でも小5・小6・中3・高3・浪人生
のタイミングでは視力に合ったメガネやコンタクトを用意することをお勧めします。
必要な情報、黒板が見えない。
こんなくだらない事で受験に落ちて欲しくないですからね。
前が見え〜なくて〜見え〜なくて〜
なーんども見逃しーたよー
(L’Arc~en~CielのLies and Truthのメロディーにのせて)

http://hatukision.blog3.fc2.com/blog-entry-114.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く