アート・エンターテイメントノウハウをみんなで自由に編集し合える!

Pixiaで画像を合成する方法(1) アート・エンターテイメント

Pixiaで、背景と前景(人物など)を別レイヤに描いて乗算合成するときに、画像の重なりを解消するために作る白抜きシルエットのレイヤ。私はとりあえず「下敷き」と呼んでるんですが。(他に良い名前が思い浮かばない……)

前から薄々、「『下敷き』使わなくても合成できんじゃね?」と思ってました。でも、他の方法考えるのが面倒くさくてそのままにしてました。(^^;) でも、ここ最近ぽつりぽつりと考えがまとまってきたので、頭を整理するためにも、ここに書いてみることにしました。 書いてたらなんか長くなっちゃったので、何回かに分けることにします。今回はとりあえずおおまかなところだけ。

下敷きレイヤを使う場合の画像合成方法

まずは、下敷きレイヤを使う場合の合成方法のおさらい。
背景レイヤと前景レイヤの間に透明のレイヤをつくり、前景の形に白で塗りつぶす。


メリット:背景・前景画像をいじらなくて良い。レイヤ濃度などの調整がしやすい。
デメリット:レイヤの枚数が多くなる。
このデメリットを解消するために、「下敷き」を使わない方法を4つ考えてみました。

「下敷き」レイヤを使わない画像合成方法4つ

A・前景レイヤの一部を透明化する(前景レイヤを「重ねる」で合成)

  • A-1・前景レイヤの、背景部分を消しゴムで消す *

  • A-2・前景レイヤの、透過色プレーンを使って透明化 *



B・背景レイヤの一部を透明化(白抜き)する(前景レイヤを「乗算」で合成)

  • B-1・背景レイヤの、前景と重なる部分を消しゴムor白で塗りつぶす *

  • B-2・透過色プレーンを使い、前景と重なる部分を透明化する*



こんな感じ。
4つの方法それぞれの詳しい説明は次回以降で。

参考リンク
Pixia公式のミニチュートリアル
http://www.pixia.jp/minituto.html
画像合成例の解説など。先にこれを読んでおけば良かった。(^^;)

「お絵描きstudy room」の「Pixiaワンポイント講座」に、このシリーズをまとめたものをupしました。よかったらそちらも見てみてください。
「Pixiaで画像を合成する5つの方法」
http://naokonotsukue.fc2web.com/contents/sketchbook/pix-labo/index.htm#1point

http://naokonotsukue.blog90.fc2.com/blog-entry-73.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く