教育ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

論理的思考回路を作る方法【矢じり】 教育

さて、矢じりとはどこでしょう?
矢の先っぽ、刺さる部分です。
これはほとんどの方が知っている事でしょう。

では、

なぜ先っぽなのに【矢じり(尻)】というのでしょうか?

あっているかどうかなどとりあえずおいておき、
考えてみましょう。
実はここに勉強ができる子の、
特に理論的に考えられる子の思考回路が隠れています。

この思考回路のポイントは
?当たり前に知られている事に対する矛盾に気づくこと。
?矛盾を解決する解答を用意すること。
?解答があっているかを調べる事。
です。
今ここで私が投げかけた疑問、
なぜ先っぽなのに【矢じり(尻)】なのか?
を聞いて「え…?そういえば…」と思えれば、?はクリアです。
ここで私が何言っているのかわからない人は、
おそらく先生の話を右から左へ受け流しているか、
理解力がここまで至っていないかのどちらかだと思います。

さて、とりあえず?はクリアできましたか?

では?に進んでみましょう。
この矛盾を解決する解答を考えてみましょう。
間違っていてもいいんです。
世の中の発明の半分以上はこの間違いから発見されているのですから。
大切なのは自分なりに理屈の通った答えを用意すること
できればそれを書いたり誰かに言ったりしましょう。
そうすることで、より論理的思考回路が安定化していきます。

さて、自分なりの理論を構築できましかた?


では答えです。
答えは白色にて書いておきますので、
マウスでドラッグして、反転させて見るようにしてください。

↓↓↓ ここから ↓↓↓
これは矢の飛んでいる時ではなく、
矢を保管している状態を元に決められたためです。
確かに矢が飛んでいる状態では、
矢じりが前方になるので、前が尻という表現はおかしく思えます。
しかしながら、矢を保管するときはどうでしょう?
矢は矢筒という筒に入れて保管します。
さらに使う直前までこの筒に入れておきます。
この時、筒の中に矢の先を入れ、羽の部分が上に来るようにします。
これは矢を取り出す時に羽の部分を手につかんで取れば、
そのまま矢を弓にセットすることができるからです。
では、この矢筒に入っている状態で、矢じりはどこに来ていますか?
羽が上、矢じりは下ですよね?
ここから矢の先端部分を矢じりというようになったのです。
昔の人は矢が飛んでいる状態(戦闘状態)を標準とは考えていなかった証拠ですね。
↑↑↑ ここまで ↑↑↑
さていかがでしたか?
正解していなくても嘆く必要はありません。
大切なのは考えることです。
知っているのはもちろんそれはそれで素晴らしいのですが、
ここでは論理的思考をするための訓練としての話題提供ですから、
正解に近づく必要はあっても、正解する必要はないのです。
是非お友達どうしの話題や子供への話題提供にでもしてみてください♪

http://hatukision.blog3.fc2.com/blog-entry-110.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く