ビジネスノウハウをみんなで自由に編集し合える!

業績を達成するための諸要因 ビジネス

業績を達成するための諸要因

業績を達成するための諸要因をご存知ですか?
重要な順にご紹介します。

1、健全な価値観

健全な価値観をもてない人は仲間と一緒にチームプレーで仕事はできない。
勉強しようとか成長しようとか思わないし、また努力して業績を達成しようとか考えない。
自分のことしか考えない自己中心的な価値観を持っているから、人間関係がこじれ
結果業績も上がらない。

2理解力

業績の意味の理解が大事。
この理解がなされていないから一貫性を持った業務遂行がなされない。

3達成しようとする意識

すべてのことに先駆けて達成しようとする意識が大切。
やる気のない人に創造性は生まれない。

4創造性(改善・改革・創意)

新しい商品を開発したり業務の改善を行う意味でも創造性がないと業績がわるいのである。

5計画性

与えられた業務をいかに計画的に遂行するかが大事である。
計画的に行っていないからその場限りの業務になってしまい、生産性が落ち、
結果業績が達成できないのである。

6報告連絡相談

組織的に業務を遂行する上において、報告連絡相談が大事である。
これは業績を達成する上での方法論でもありおのおのが勝手に仕事をしていてはうまくいかない。
業績を上げるには組織的な相乗効果が大切であり、そのためにも報告連絡相談が欠かせない。

7客観性

すべてはTPOである。いかに意欲があってもその方法が誤っていれば業績は達成できない。
いかに客観的に分析し、適正な方法で業務をするか知る上でも客観性が大事である。

8粘り強さ(持続力)

業績を達成するためには、業務に対する粘り強さがなければいけない。
お客様に対しても商品開発商品開発に対しても粘り強く行ってこそ業績が上がるものである。

9ルールの遵守(業務マニュアルなど)

業務の中で標準化されたものをきちんと守っていないから業務が悪化する。


また、コチラの情報もおすすめです。

http://bit.ly/2dI2iQV

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く