コンピュータ・インターネットノウハウをみんなで自由に編集し合える!

これで失敗なし!ライトニングトークを卒なくこなすには? コンピュータ・インターネット

エンジニアにはおなじみの「ライトニングトーク(LT)」。
たった5分間だけど、その5分間を有効に使ったプレゼンテーションを行うには、一体どんなコツがあるのでしょうか?

ライトニングトークとは

ライトニングトーク(英: Lightning Talks)とはカンファレンスやフォーラムなどで行われる短いプレゼンテーションのこと。様々な形式があるが、持ち時間が5分という制約が広く共有されている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AF

比較的新しいプレゼン手法です。
持ち時間は3~5分、長くても10分程度で強制終了です。
短い時間だからこそ、上手に話をまとめ、聞き手に印象づけましょう。

ライトニングトークのコツ

  • 自己紹介はとにかく短く
社内向けであれば関係ありませんが、エンジニアの勉強会では初対面の人がいることが多いため自己紹介から始まります。緊張している人ほど自己紹介を長くしがちですが、オーディエンスが一番興味をもっているのはあなたの発表テーマであって仕事内容ではありません。名前と所属先(社名や部署名)だけを短く述べて、さっさと本題に入りましょう。

https://jp.stanby.com/media/howto-lightningtalks/
LTには、演者の肩書きを聞きに来ているわけではありません。

  • 伝える内容を絞る
最初はあれもこれもと話す気満々でしたが、実際5分しゃべってみると、5分はとても短いと感じました。その短い時間であれこれ詰め込んでも、まとまりません。5分間スピーチでは伝えたい事を思い切って一つか二つにしぼるのが、シンプルで伝わりやすいと思います。

http://creativememomemo.com/wcan2015summer_lightningtalk_attention/
LTでは自分の得意とすることや、好きなことを話すわけですから、ついついあれもこれもと話したくなりがち。
そこをグッとこらえるのがコツですね。

  • スライドの文字は大きく!
これは、頭では分かっていてもやりがちな間違い。 登壇者が好きなことほど、細かい部分まで書きたくなるものですがそんなの誰も読まないんですよ。せっかく文字をデカくしたのに、スクリーン(ディスプレイ)の端が余ってるのはモッタイナイ! スクリーンのサイズ(厳密にはアスペクト比)は「4:3」か「16:9」の2つがほとんどです。 会場のスクリーンについて調べておくか、わからなければ両方作っておくのが良いでしょう。

http://www.othlo.tech/blogs/lightning_talks_technique/
確かに小さな文字でかかれたものよりは、大きな文字のほうが人目を引きます。
このブログでは他にも

・文字のフォントサイズ、スライドのサイズ・上手なボケ方・時間配分・話し方の態度、口癖記事では上記の4項目について触れており、聴衆に好印象を与えるツボを知ることができ

・・・るとのこと。

学生コミュニティメンバーならではの軽妙さですね。

LTは「短い時間でしっかり伝える」ためのもの。
この他にも、話し始めるときの「え~」や「あ~」のような口癖を言わないように練習すると良いです。
もちろん、時間を無駄にしないという意味でもですが、聞いている側からすれば案外耳障りなもの。話の内容をしっかり聞いてもらうためにも、大切なことなのです。

Youtubeでも動画が公開されていますので、研究してみてください。

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く