ビジネスノウハウをみんなで自由に編集し合える!

その写真で本当に大丈夫?好感触の証明写真で書類選考を突破せよ! ビジネス

証明写真を侮るなかれ


面接といえば必須の証明写真。
撮るのが面倒で嫌だな~と筆者は思うわけですが、やはりここは一番重要な部分といえます。
履歴書でまずはじめに見るところといえば、「証明写真」と「名前」ではないでしょうか。あとは筆跡ですかね。
この3つで、応募者の印象はだいたい決まってしまうといっても過言ではないでしょう。
しかし最近はPC入力で履歴書を作る人も多いので、必然的に証明写真での印象が第一印象になります。
面接後も目にする証明写真は、シッカリバッチリ撮っておいて損はありません。

一次選考の面接官、二次選考の面接官、最終面接の面接官といったように複数の人が見るものです。また、ひとりの面接官が複数の面接を担当する場合は、そのひとりが何度もその写真を見ることになります。

引用元:https://careelink.net/archives/2706

証明写真は採用担当者が書類上で一番最初に目にするあなたの姿です。第一印象が採用を左右する判断基準の一つでもあるため、できれば好印象をもたれたいところ。

引用元:https://career.levtech.jp/guide/knowhow/article/377/

撮影時に気をつけたいこと


本来ならば写真館に行き、証明写真を撮るのが良いですが、証明写真機で撮るという人も多いと思います。
自分で撮る場合は、以下の気をつけたいポイントを抑えておきましょう。

服装

男性はスーツにネクタイ、白いワイシャツ、女性はスーツに白いカットソーやブラウスなど清潔感のあるインナーを着た写真が良いでしょう。

引用元:https://mybestjob-acad.jp/rirekisho-shashin-suitigai/

髪型

表情が分かるように、前髪が目や眉にかからないように分けるか横に流し、サイドが長ければ後ろに流すか1つに結びます。ジャケットの襟を覆ってしまうようであれば、これも後ろに流すか1つに結びましょう。

引用元:https://ten-navi.com/hacks/resume-9-3839

表情

緊張で表情が硬くなってしまうのはある程度仕方ないと理解を示す採用担当者もいるようです。ですが相手に不快感を与えてしまうような表情はNG。写真を撮る前に鏡の前で軽く表情を作る練習をしておくといいかもしれませんね。

引用元:https://baito.mynavi.jp/times/saiyo/article-276.html

姿勢

姿勢の良さは真面目さや誠実さを感じさせます。背筋を伸ばし、胸を軽く張るように意識してください。骨盤が歪んでいる人は肩の高さが違うので、平行になるように座りましょう。

引用元:https://shukatsu-ichiba.com/article/11734

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く