車ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

交通事故にあったときの対処法 車

いざという時のために知っておくと便利な「車で事故ってしまったときの対処法」です。
慌てずに落ち着いて対応することが肝心です。

1.負傷者の救護

事故が起きたときは最優先で負傷者の救護を行ってください。安全な場所への移動や応急処置、救急車の要請など、状況に応じて対応しましょう。

2.危険防止措置

二重事故を防ぐために、車を安全な場所に移動し、発煙筒や三角表示板を使って危険防止措置を取ります。

3.警察への連絡

事故の性質や大小を問わず、最寄りの警察署に連絡をします。

4.相手方の確認

相手方の氏名、住所、連絡先、ナンバーなどを確認し、メモしておきます。相手方の自動車保険の証券番号や連絡先も控えておきましょう。

5.事故状況の確認

信号や標識の有無といった道路状況や、事故発生時の走行速度、信号の色、損害状況などを、できるだけ正確に確認しておきましょう。また、目撃者がいる場合は、連絡先を控えておきましょう。

6.保険会社への連絡

事故の報告は、オペレーターの指示に従うだけでスムーズに進められます。その際、保険証券が必要になるので、保険証券を車の中に保管しておいたり、証券番号をメモして持ち歩くようにしておくと安心です。

交通事故の対応時に絶対にやってはいけないこと

その場で示談に応じない

その場で示談に応じてしまうとその内容が有効とみなされ、加害者の過失割合が圧倒的に悪かったり、のちのち後遺症や後遺障害が出てきた際に治療費などが支払われないケースがあります。仮に加害者がこちらを責めてきても、「保険会社と相談したうえで」とはっきり伝える事が大事です。

過剰な謝罪はしない

謝罪をすること=責任を認めることではないため、礼儀として事故の相手に謝罪をすることは何の問題もありません。しかし、礼儀の範囲を超えて「過剰に自分の落ち度を認めてしまうこと」はやめましょう。

事故を起こした相手がどんな人物かはわかりません。過剰に自分の落ち度を認めれば、そこに付け込まれて不当な約束をさせられたり、余計に問題がこじれたりする可能性があります。もし謝罪するのであれば、あくまで事故によって不安・不快な思いをさせてしまったことについてのみ謝罪し、事故原因や発生した結果について言及することは避けましょう。

交通事故にあったとき、正当な慰謝料を請求する方法はコチラ
⇒ https://kotsujiko-pro.com/consolation_money/
関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く