健康ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

妊活中に必ず摂取して欲しい栄養と気を付けること 健康

妊活中はとてもデリケートな時期です。

「妊娠していないんだから、何がデリケートなんだよ!」という方もいるかもしれませんが、妊活中とはいえいつ妊娠するかわからない時期です。
赤ちゃんの大事な器官は妊娠初期に形成されるので妊娠に気付いたときにママの身体には沢山の栄養素が不足気味です。
栄養が不足しているママだとお腹の中の赤ちゃんにも悪影響があります。

そんなわけで、今回は妊活中にとっておきたい栄養と気を付けることについてご紹介したいと思います。

そもそも妊活とは?
赤ちゃんが授かりやすい身体に整えたり、妊娠の知識を知るための行動です。
女性だけでなく男性も一緒に妊活を行うことでより効率よく赤ちゃんを授かることができます。

妊活に必要なことはママ とパパの身体を整えること

ママは子宮環境を整え、パパは生殖機能を整えましょう。
女性も男性も年齢を重ねるごとに卵子や精子の数は減少していきます。年齢が高くなるにつれて妊娠の確率が下がっていくわけです。
ですが、子宮環境や生殖機能を整えることで妊娠しやすくなります。
子宮環境や生殖機能を整えるうえで大切なのが栄養です。
女性は、鉄分、カルシウム、ビタミン、ミネラルの子宮環境を改善する栄養素が不足しがちです。それらを積極的に摂取する必要があります。
男性は、精子の元となるたんぱく質と質を高めるDHAの摂取が大切です。
また、女性も男性も葉酸の摂取が必要です。葉酸は、ほうれん草などに含まれていますが、熱に溶けやすく、また体に吸収しにくい特性があります。
妊活中や妊娠初期の女性には一日400μgの葉酸が厚生労働省でも推奨されていますが、日本人の多くの女性は足りていません。
産婦人科医や厚生労働省などではサプリなどから葉酸を摂取することを推奨しています。

葉酸とサプリメント ‐神経管閉鎖障害のリスク低減に対する効果https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-05-002.html

葉酸な主な効果

妊娠前 → ホルモンバランスを整えてイライラ、頭痛、腹痛などの症状を抑える効果があります。また、赤血球を作り出す効果や心臓疾患や高血圧を予防する効果もあります。
妊娠初期 → 着床しやすい子宮環境を整えてくれます。また、胎児の発育を助ける働きをしたり、胎児の先天異常や障害を起こりにくくします。胎児の先天異常は、男性側の葉酸不足によっても引き起こされる可能性があるため、妊活中は夫婦揃って葉酸の摂取をすることが大切になります。http://ninkatsu-suppli.net/

その他にもカルシウムや鉄分、ビタミンも合わせて摂取することが大切です。
最近の葉酸サプリには、妊活中や妊娠中に必要な栄養素が入っているものも多いです。
厚生労働省でも妊娠前からのサプリ摂取を進めているので妊活中の方は、身体を整えるためや赤ちゃんのために飲むことをおすすめします。

妊活中に控えた方が良い食べ物

生肉、生卵、レバー、うなぎ、カフェイン
生肉には、トキソプラズマが付着していることがあります。そのため、妊娠中の女性が摂取するとお腹の中の赤ちゃんに感染してしまい、先天性障害が生じることがあります。
生卵ですが、サルモネラ菌が付着していることがあるので注意しましょう。またレバーやうなぎには、ビタミンAが豊富に含まれているのであまり多く摂取するのは避けましょう。
ビタミンAの過剰摂取は、赤ちゃんの耳の形態異常などの先天異常が起こる可能性が報告されています。カフェインは、体温を下げる作用があるので妊活中は控えましょう。とはいっても一日2杯~3杯くらいのコーヒーであればそこまで問題はありません。ですがそれ以上の摂取は不妊の原因になってしまうこともあるので減らすようにしましょう。

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く