車ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

白い光のハロゲンヘッドライトを 明るくする方法 車

白さを強調しているハロゲンは、バルブが青く着色されています


 白いハロゲンという事は、純正から交換したバルブのはずです。
 
 残念ですがそれが暗い原因だと思います。
 元々黄色いハロゲンの光を青いフィルターを透して白く見せているようです。
 白いものほど濃い青色です、ですから、光が白いほど暗くなるようです。
 つまり、白いハロゲンは暗いのだと思います。
 まばゆい白さと書いてあるバルブは雨の日、山道が薄暗く、運転が怖ばかりか、お化けが出るのでは無いかと怖くなるレベルでした。
 ①GEのメガライトウルトラ+90など、バルブが透明な、純正的な物に交換が必要。白は諦めます。変な言い方ですが、ここ重要。アマゾンで2千円位、交換の仕方もユーチューブにあります。
 ②同時にライトのくもりを磨いたら更に明るくなります。
 
 白い光のハロゲンを入れていたなら、かなりの改善が期待でき、ハロゲンも悪くないと思えます。HIDよりハロゲンの方が見やすいようにも思います。
 
 私は、嫌になりかけていた車が、「このクルマこんなに良かった?」と見直せました。

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く