車ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

冬のバイク用 防寒着の探し方 車

●冬のバイクの街乗りや通勤は、寒くつらいものです。●

 
 自転車や徒歩なら体が暖まりますが、バイクはどんどん冷える一方なので防寒着は重要です。
 しかし、本格的なバイク用ウェアは高価で、デザインが派手で街を歩きにくい面があります。
 
 また、防寒着はバイクで着て走ってみないと分からない事も多く、何着も失敗しました。
 
 そこで、探す時に注意した方がいい点をいくつか挙げてみます。

● 生地の防風性の調べ方●

 歩くとき同じ暖かさでも、バイクで着ると違ったりします。
 これは生地の防風性の違いだと思います。
 ぶ厚い生地やダウンでも、風を通しバイクに向かない物があります。
 
 (最近気が付いたのですが)この

防風性の確かめ方は、生地にピッタリと口を付けて固い風船を膨らませる位の圧力で息を通してみます。
 カッパやゴアテックスなどの防水透湿性素材は全く息が通りません。
 一般的な繊維は目の粗さによって息が通りますが、通らないものを探します。
 (見ただけでは分からないので、通販では難しいと思います。)
 息がほとんど通らない生地が、冬のバイク用として向いています。
 
 この防風性プラス、断熱する空気層を作る中綿・ダウンなどが必要です。

●風が入らないポイント●

 生地の防風性と並んで重要なのが、風が入らないデザインです。生地が良くても少しでも風が入れば意味がありません。
 前のファスナー部に重ね覆い(フラップ)がありファスナーが見えない。
 手首から風が入らない。
 裾にゴム・コードがあり下から風が入らない。
 ファスナーを上げると首の上まで覆える。首に当たる部分はがフリースで冷たくない。
 こうした項目をチェックします。

● 防水透湿性素材●

 一般の繊維の服に無いようなら、防水透湿性素材から探します。
 防水透湿性素材の良さを実感したのは、冬の強風の中をウォーキングした時です。
歩くので体は暖まり、外気は冷たい強風なのに防寒着部分の中は冷気が入らず無風のような初めての感覚でした。
 
 バイクでは動かない為、体がどうしても冷えるので防水透湿性素材の良さが、逆に感じにくいかも知れませんが、防風性が高く風が入らないデザインである事が殆どで良いです。
 因みに、防水透湿性素材のコートを着てコタツで寝てしまった時、蒸れること無く快適でした。意外に部屋着にも良いのかも知れません。
 
 バイク用やゴアテックスや有名メーカー物は良いですが高価です。
 私は現在、フィールドラカンと言う作業着などを作っているメーカーさんのものを気に入っています。バイク用として開発したようですが、派手なデザインやロゴは無く着やすいと思います。
 登山用や釣り用、作業着の中にも良いものがあるようです。
 防水透湿性素材となると結局安くは無いですが、探してみてください。

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く