ホーム・ガーデニングノウハウをみんなで自由に編集し合える!

日本は家を建て過ぎ、中古住宅と幸せな人生 ホーム・ガーデニング

●日本は新築が多く、中古住宅市場が1割台と非常に小さいそうです。

そして、欧米は7~9割はが中古住宅を購入するそうです。(記事で読んだだけですが。)
日本は家を建て過ぎ、その為に人生まで辛いものにしていないでしょうか。
何千万円を35年ローンなどはやはり異常です。
払えたとしても、そのために小遣い無しとかになるのであれば、人生の悲劇です。
(小遣いというもの自体が、日本独自らしいですが。)

●一人一人が家を建てていたら、せっかくの豊かさも台なしです。●


 中古住宅を売ったり買ったりして流通し、人が動いていくのが健全に思えます。
 まだ住める家が壊され建て替えるのは、社会的損失、建築資材の無駄、環境破壊ではないでしょうか。中古住宅は、社会の資産、資源と言う認識で活用するべきでは。
 (ただし、最近の家は耐久性を考えず、目先のコストや断熱、気密性重視なので修理は必要。昔からの日本家屋が耐久性が高い。せめて軒は出すべきでしょう。)
 
 新築しないと経済が成り立たないのでしょうか。建てては壊し、忙しくなっているだけ、お金が沢山必要になっているだけに思えます。
無理なローンは、銀行と建設会社の為に、小遣い無しで一生働き続ける様なものです。

●私達は家を建てる為に生まれてきたのでしょうか?●

 
 家を建てなければ、もっと少ない所得で同じレベルの生活ができます。嫌な仕事はしなくて良くなるかも知れません。
 日本はとても良い国です。安全で自由に生きていけます。
 なのに、わざわざ自分で、楽しくない人生にする事はありません。
 高額な物は特に、ひとつ我慢したり安く済ませば、日々の楽しいことにお金を回せます。
 こんなに新築するのは日本だけです。
 住宅ローンを組むのが普通ではありません。
 自分を強く持って慎重に検討して下さい。

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く