健康ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

口臭がするときすればいいことまとめ 健康


口臭が気になったら軽くパニックになりませんか?
「あれ?なんか微妙な顔されてる・・・もしかして口臭!?」そう思ったら一刻も早く口臭を収めたいと思うはずです。
そこで、口臭を抑えるためにすることをまとめていきたいと思います!

1.歯を磨く

当たり前のことですが、食べかすが口臭の原因になっているときは歯を磨くのが一番です。
歯を磨くときは、舌も磨いたり、デンタルフロスで食べ残しをすっきりするようにしましょう。
歯をみがいただけでは、歯と歯に挟まった食べかすまでは取れないことがあるので、要注意です。

2.口をゆすぐ

「歯ブラシがない!」というときは口をゆすぐのも効果的です。
水でゆすぐだけでもだいぶ口臭を軽減させることができるので、何もないときは口の中をすすいだり、うがいをして、残ったカスを取り除くようにしましょう。

参照:意外と知らない?口臭の本当の原因と適切な対処法

http://hanoblog.com/causing-halitosis-2658

3.ウーロン茶や緑茶を飲む

実は、ウーロン茶や緑茶には消臭効果が含まれているんです。
なので、ウーロン茶や緑茶を飲んだり、ウーロン茶や緑茶で口の中をゆすぐと口臭を抑えることができるんですよ。
ペットボトルの物よりも茶葉のものの方がより消臭効果がうかがえます。
食べ物を食べた後はお口直ししましょう

4.親知らずを抜く

親知らずの周りは隣の歯との間隔があるために食べかすが溜まりやすく、細菌が増えやすい場所でもあります。
親知らずがあるときは慢性的に口臭に悩まされていたけど、親知らずを抜いたら口臭が収まったという人もかなりいるんですよ!
親知らずはそのままにしておくと虫歯になり痛みを伴うこともあるので、歯医者さんで相談しましょう。

参照:【決定版】口臭の原因と原因別口臭予防・対策方法

http://www.teq-lab.com/1777/

5.ガムやタブレットを食べる

ガムやタブレットそのものに口臭を抑制させる力はないのですが、噛んだり舐めたりすることで唾液を出すことができます。
唾液は口臭の原因である細菌を抑える効果があるので、緊張などで口の中に水分がなくなってしまったときに起こる口臭に効果的です。

口臭がしたときにすること終わりに

口臭が気になるときは、根本的な原因を解決しないといけないときもあるし、ちょっとした原因を取り除けば解決することもあります。
どうして口臭がするのか原因をつきとめることも、口臭がなくなるポイントですよ!

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く