健康ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

口臭の原因まとめ 健康


口臭は一時的なものから慢性的なものまで様々です。
本日は慢性的な口臭の原因についてまとめていきたいと思います。
口臭が起こる意外な原因をまとめました。

(1)ストレス

ストレスが口臭の原因となることがあります。
口臭は口の中の細菌が原因で起こることが代表的ですが、本来であれば唾液が細菌を撃退してくれます。
ですが、ストレスを感じると口の中の唾液量が少なくなってしまい、細菌が繁殖して口臭へとつながってしまうのです。
不安、焦りといった一時的な精神負担は心が保たれれば唾液量も元に戻りますが、ストレスを貯めていた利する場合は根本的にストレスを払しょくしないと口臭が収まらないこともあります。

参考文献:【決定版】口臭の原因と原因別口臭予防・対策方法

http://www.teq-lab.com/1777/

(2)便秘

口臭の原因として便秘もよく上げられます。
排出指されない便は、時間と共に有害物質を作り、それが異臭をはなってしまうのです。
有害物質は口臭だけでではなく、体の毛穴からニオイ場合も多いので唾液・息・汗など体全体が異臭を放つ恐れがあります。
便秘には食物繊維の摂取や適量の水分補給、適度な運動などが有効です。
たかが便秘と侮らずに体質改善してみてくださいね。

参考文献:便秘と口臭の関係は!? 便秘による口臭の特徴と対策方法

http://hadalove.jp/constipation-halitosis-14131

(3)風邪をひいているとき

風邪をひいているときに口臭が起こることがあります。
これは唾液量の低下が原因していることが原因です。
疲れているときも同様です。
また、胃、肝臓など体の中の機能が弱まっているときも口臭が起こることがあります。

(4)甘いものを食べたとき

甘いものを食べたときも口臭が起こることがあります。
舌にいつまでも甘さが残っていたりすると、口の中が酸性に傾いてしまっているというこよです。
これが口臭や虫歯の原因となるのです。
甘いものを食べた後は歯磨きだけでなくしっかりと舌も磨きましょう。

口臭の原因終わりに

口臭の原因は様々なものがあります。
基本的に唾液量の低下で起こる口臭は一時的なものが多く、唾液量がもとにもどれば口臭もなくなります。
しかし、ストレスや便秘といった唾液量の低下は、元となる原因を取り除かないと口臭が収まらないので、原因の改善に努めましょう。
また、肝臓機能などが弱まっているときの口臭は生臭かったりと、唾液が少ないときの口臭とはニオイが違うときが多いです。
口臭の原因を見極めて必要に応じて病院に相談にいってると良いですね。

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く