健康ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

顔汗が止まらない人に朗報!精神トレーニング 健康


緊張すると顔汗が出るのは、精神的な問題が深くかかわってきます。
「そんなことは分かってるけど、どうしようもないじゃないか!」と思いますよね。
しかし、精神的なものはトレーニングすることができるんです。
今日は、顔汗を抑えるための心構えやトレーニング方法をご紹介していきたいと思います。

顔汗を止める心構え1.自分を客観的に見る

顔汗が流れ出てしまったら自分の事しか考えられない人がほとんどです。
中でも、何も考えられなくて「どうしよう」しか思い浮かばない人もいますし、「周りからどんな目で見られているんだろう」と第三者の心情が気になって仕方のない人もいますね。
しかしこれは、実は自分を追い込んでいる行為なので、顔汗を止めたいと思ったら逆効果です。
現に、顔汗はドンドンと流れでてきませんか?
顔汗を止めるためには、一番いいのは「自分を客観的に見る」ことです。
自分を客観的に見るの落ち着きを取り戻すために最適なんですよ。
「今汗が額から流れ落ちてきました!」「心の中はどうしようしか考えられません!」「失敗を撤回するための方法を一生懸命感考えています!」などなんでも良いです。
自分を客観的に見ればみるほど心の中は落ち着いてくるので試してみてくださいね。

顔汗を止める心構え2.ゆっくりした行動を心がける

自律神経が乱れることが原因で汗を異常にかいてしまっている場合があります。
自律神経は交感神経の働きが活発になってしまっている状態なので、なるべく交感神経の働きを抑えるようにすると、汗をかかなくなったり量が落ち着いてきたりします。
交感神経の働きを抑える方法には、ゆっくりと行動するというのが大切になってきます。
「忙しい忙しい」と忙しくしている人のイラストを想像してもらえれば分かると思います汗が、必ず汗が飛び散っていますよね。
慌てずにゆっくりとした生活を心がけてみてくださいね。

参照:顔や頭の汗っかきを治す11の改善方法とは?【女性必見】

http://konatoki.com/%E5%81%A5%E5%BA%B7/%E6%B1%97%E3%81%8B%E3%81%8D/1055/


顔汗を止める心構え3.気にしない

顔汗が流れてきたとして、本人がそれを苦痛におもおうがおもわまいが、顔汗は流れていきます。
ただ、焦れば焦るほど汗が止まらないと分かっているのだから、もうやり過ごすしかありません。
やり過ごすためのメンタルを鍛えると良いでしょう。
汗が気にならなくなる方法としては以下のものも有効です。
・無の境地に立つ
・汗ヤバくてさ、と笑い飛ばす
・ちょっとみてよこの汗…緊張してとみずから申告する
人にバカにされない、引かれないと感じられた時点で落ち着きを取り戻せることもあるので、ぜひ実践してみてくださいね。

汗を抑えるトレーニング1.呼吸法

汗を抑えるトレーニングにもあります。
自律神経をコントロールするトレーニングです。
(1)おなかを引っ込めて口から古い空気を絞り出す
(2)鼻から空気を取り込む
(3)そのまま息を止める
感覚は16:8:32が理想ですが、苦しくならないように徐々にタイミングをならしていきましょう。

汗を抑えるトレーニング2.食事

チーズやバターといった乳製品、脂身の多い肉や揚げ物、そして刺激の強い香辛料は汗を引き起こす原因にもなるので過剰摂取は注意しましょう。
特に、辛い香辛料は交感神経を刺激するので非常に汗をかきやすくなります。
また、チョコレートやコーヒーに含まれるカフェインなどは興奮させやすい作用があります。
興奮すると汗がかきやすくなるので、なるべく控えるようにするのが望ましいですね。
顔汗を抑えるのに効果的な食べ物は大豆・豆乳・納豆などに含まれているイソフラボンです。
野菜を中心とした献立に、豆類を加えて汗をおさえる食生活を取り入れましょう!

ついに解明!確実に顔汗を止める方法

http://www.teq-lab.com/35/


汗を抑える方法終わりに

精神面を鍛えるのは、もしかすると肉体を鍛えるのよりも難しいと思います。
しかし、マイナスなことはないと思うので、プラスの思考に向けて思考を変えてみてくださいね。
いきなりやろうと思うと失敗しますが、少しずつトレーニングしながら克服していきましょう!

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く