車ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

普通自動車免許で乗れる特殊自動車 車

普通自動車免許/第一種運転免許は、日本における道路交通法上の免許区分のひとつ。
自動車や原動機付自転車を一般的な目的で運転する場合に必要な免許です。

自家用自動車(白ナンバー)の場合であれば、人を乗せる(代行運転の場合を除く)、荷物を運ぶ問わずこの資格でよく、報酬を得る営業用自動車(緑ナンバー)であっても、荷物輸送が主の場合はこの資格で十分です。

人を乗せて報酬を得る業務(営業運転)には、第二種運転免許が必要となるが、営業運転以外(回送、試運転や訓練、パレード行列など)の目的であればこの資格で運転することができます。

特殊な自動車も運転可能

ターレット型構内運搬車
└俗に「ターレ」と呼ばれているターレット型構内運搬車。市場などで見かけます。

農業用トラクター
└田んぼなどを耕す際に使用される乗り物です。

コンバイン・田植機
└こちらも、トラクター同様に、田植えなどをする際に使用する乗り物です。

フォークリフト
└工場などの荷役作業で使用される乗り物です。

ミニホイールローダー
└土砂などを運搬する際に使用される乗り物です。

小型除雪車
└除雪作業に使用する乗り物です。

トライク
└3輪のバイクのことです。

これらの乗り物は、普通自動車免許で運転することが可能です。
ただ、フォークリフトやホイールローダーなどの荷役作業を行う際には、
普通自動車免許の他に、特別教育を受ける必要があります。
公道を走ることは出来ますが、操作をするには別途資格が必要となるので注意が必要です。

参考サイト

https://ja.wikipedia.org/wiki/特殊自動車
http://www.10-king.com/category
http://www.kyosyujyo.co.jp/Column/323.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く