コンピュータ・インターネットノウハウをみんなで自由に編集し合える!

Apple Payを始める方法 コンピュータ・インターネット


ついにApple Payが日本でも利用できるようになりました。
すでにApple Payを使って電車に乗ったり、コンビニで支払いを済ませた方もいるでしょう。
しかし、多くの方は「Apple Payって何? どうやって使うの?」という状態のままであると思います。
そこで、多くの人にApple Payを理解してもらえるよう、簡単にまとめてみました。

Apple Payは「電子マネー」ではない!


未だに多くの方が「Apple PayはSuicaやEdyと同じ電子マネーだ」と勘違いしています。
Apple Payは、電子マネーとは全く異なるものです。正確には、電子マネーをiPhoneやApple Watchで利用するための決算方法なのです。
よく、iPhoneにSuicaカードを貼り付けておくための専用カバーを使っている方を見かけますよね。
Apple Payとは「あのカバー」を電子化したものだと考えて下さい。

Apple Payを利用するには、あらかじめ電子マネーを持っておく必要がある


前述の通り、Apple Payは電子マネーとは異なるものです。
「じゃあ、ニュースで見たみたいに、iPhoneで改札を通るためにはどうしたら良いの?」と思う方も多いでしょう。
iPhoneで改札を通るには、まずSuicaを持つ必要があります。
カードタイプのSuicaをすでに持っている方は、わざわざ新しくSuicaを作る必要はありません。
Suicaを持っていない、という方は、iPhoneのSuicaアプリを利用することをおすすめします。無料でiPhone上にSuicaを作ることができます。
Suicaを用意できたら、そのデータをApple Payに読み込ませましょう。
iPhoneの上にSuicaカードを置くだけで、データを読み込ませる事ができます。
Suicaアプリを利用した方は、Apple Payの登録ボタンを押すだけでデータを読み込んでくれます。

Suicaの情報を読み込ませることで交通系ICカードでのIC乗車券機能およびプリペイド決済にも対応する

https://ja.wikipedia.org/wiki/Apple_Pay

オートチャージ機能を利用できるのは一部のクレジットカードだけ


Apple Payに登録したSuicaは、オートチャージ機能を利用することができます。オートチャージ機能を設定すると、Suicaの残高が一定以下になった時に自動でクレジットカードから一定の金額をチャージしてくれるため、券売機でチャージをしたり、改札を止めたりすることはなくなります。
しかし、現在オートチャージ機能を利用可能なのは一部のクレジットカードのみです。

ただし、モバイルSuicaの機能の中でもトップクラスに便利な「オートチャージ機能」をApple Pay経由で利用するには、インターネット経由の支払いに対応したクレジットカードをApple Payに登録する必要があります。インターネット経由の支払いに対応したクレジットカードは、国際ブランドにアメックス・JCB・MasterCardを採用しているクレジットカードです。

http://www.woshiru.com/creditcard/card/amex/amex_denshimoney.html

これからのApple Pay


現在、Apple Payを通じて日本国内で利用できる電子マネーはSuicaのみです。Edyやnanakoは今後利用が可能になることが予想されますが、今のところ具体的な発表がありません。「もっとiPhoneでたくさんの電子マネーを使いたい!」という声が上がれば、利用可能な電子マネーは増えるでしょう。

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く