コンピュータ・インターネットノウハウをみんなで自由に編集し合える!

Windows8と8.1の違い。 コンピュータ・インターネット

Widows 8.1 Enterprise 90 日間評価版
(ダウンロードからインストールまでの手順など)
https://note.mu/snm/n/n6e149fb74916

あ、関係ないですが、

10月1に発表された、無料の最新WidowsであるWidows10に関してはこちら
https://note.mu/snm/n/n3e0b373f5a3d
発売は2015年の末だそうですよ
まいくろそふとはXP向けの「Microsoft Security Essentials」のサポートを2015年7月14日まで延長してます
http://gigazine.net/news/20140116-continue-microsoft-security-essentials/



Widows8.1を使用する場合は、バーチャルで使うか、HDDを交換してインストールすることをお勧めします。
こうしておけば、HDDを戻すだけで今までの7の環境に戻ります。


次善策としては、別にパーテーションを切って、その新しいいパーテーションを指定してインストールすることをお勧めします。
インストール手順の5分過ぎぐらいに出てくるインストール場所の選択画面で選択できます
この場合は、使用前の起動時にどちらのOSを使うかの選択画面が出ます。
OSを変更するとトラブルが出ることが多いので、現在の環境は必ず残しておいてください。

トラブル対策はこちらの一番下です。
http://note.chiebukuro.aho.co.jp/detail/n170305


--------------
で、気になる8と8.1の違いですが、、、、
  • 画面左下で右クリックすると各種設定メニューが出ますよね。

この中にシャツトダウンが追加されました。
もちろん、シャツトダウンだけではなく、再起動やスリープもいけますぜ。
これは便利ですねー。

  • あ、画面一番下のタスクバーの左端にウインドゥズボタンが追加になりましが、これは8のスタートスクリーンが表示されるだけなのでただの飾りですな。

まったく意味ないです。

  • でも、スタート画面左下に丸でかこった矢印マークが追加されて、これをクリックするとすべてのアプリ(プログラム)が表示されるようになったのは便利です。
  • すべてのアプリの表示画面の左上の「名前順」をクリックすると、

「インストール日順」
「使用頻度順」
「カテゴリー順」
に並べ替え可能です。


  • キーボード操作でのシャツトダウンが可能になりました。

スリープ・・・[Widowsキー+X]→[U]→[S] ([Widowsキー+X]→[U]→[Enter]でもOK)
シャットダウン・・・[Widowsキー+X]→[U]→[U]
再起動・・・[Widowsキー+X]→[U]→[R]
です。

  • IEがバージョン11になってますが、、、、

IE11は2013/07/05現在ではちょっと不安定な気がします。

  • あと、Widows8.1Preview版はかなり頻繁にupdateがあります。(2日とか3日に一度)つまり、1週間もあればかなり変更されてる可能性がありますから、検索などでWidows8.1の情報を集めている人は注意が必要かも、、、

http://freesoft.tvbok.com/win8/Widows81/preview.html

  • あ、Widows8.1には、3Dプリント機能が搭載され、文書印刷と同じような感覚で物づくりが可能になるそうです。

http://gigazine.net/news/20130705-microsoft-puts-3d-printing-support-into-os/
http://gigazine.net/news/20130805-3d-printer-recoup-cost/
--------------
以下はプレビュー版になってますが、評価版もほぼ同じです。
違いはプロダクトキーがいらないとこですね。

Widows 8.1 Enterprise 90 日間評価版のダウンロードはこちら
http://technet.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/hh699156.aspx
_______________
Widows 8.1 Updateの変更点
http://news.mynavi.jp/special/2014/Widows81update/
-----------
Widows 8.1 Preview のシステム要件

Widows 8.1 Preview は、Widows 8 が動作するハードウェアで問題なく動作します。

•CPU: 1 GHz 以上

•メモリ: 1 GB (32 ビット) または 2 GB (64 ビット)

•ハード ディスクの空き領域: 16 GB (32 ビット) または 20 GB (64 ビット)

•グラフィック カード: WDDM ドライバー搭載の MicrosoftDirectX 9 グラフィックス デバイス

Widows RT 8.1 Preview をインストールするには、Widows RT を既に実行している PC で 10 GB の空き領域が必要です。

ちなみに、使用期限に関しては、
マイクロソフト プレリリース ソフトウェア ライセンス条項
に書いてありました。
確認方法は画面左下で右クリックして、システムを開くと、右下に
マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項を読む
というリンクがあります。
使えるかどうかはダウンロード販売のページのWidows8-Assistantで簡単に調べられます。
http://Widows.microsoft.com/ja-JP/Widows/buy?ocid=GA8_O_WOL_Hero_Home_FPP_Null
[今すぐ開始] をクリックすして、Widows 8 アップグレード アシスタントをインストールして手順に従ってください。


メモリーリミット(OSが認識できるメモリ容量の上限)
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/Widows/desktop/aa366778(v=vs.85).aspx#physical_memory_limits_Widows_8
Widows 8 - 128GB
Widows 8 Professional - 512GB
Widows 8 Enterprise - 512GB
ただし上記は64ビット版。
32ビット版の場合は4GB(実際は3GB前後)までです。
--------------
Widows 8.1 Preview: FAQはこちら
http://Widows.microsoft.com/ja-jp/Widows-8/prev
iew-faq http://Widows.microsoft.com/ja-jp/Widows-8/preview-faq




今回ぼくが使ったパソコンは、
TOSHIBA
dynabook RX1
CPU
Core2Duo U7500 1Ghz

メモリ
1.5GB

HDD
60GB(インストールしたドライブは21GB)

と、あえて低スペックなものを使用しました。
----
+++++++++++

  • まずは上記サイトからISOをダウンロードしました。

http://Widows.microsoft.com/ja-jp/Widows-8/preview-iso

ぼくは今回は「日本語 32 ビット (x86)」版をダウンロードしました。
理由は64ビットのほうが重い(ハイスペックパソコンが必要)からです。

ちなみに、プロダクトキーは

NTTX3-RV7VB-T7X7F-WQYYY-9Y92F


だそうですよ。
ダウンロード時間は30分ぐらいかなー。
もちろんネット環境によって変わりますですよ。
今回のネット環境は、ノートパソコンの無線LANで、接続ソフト(バッファローのクライアントマネージャーV)には接続速度54Mbpsと表示されています。



ダウンロードされるのはISOファイルで、基本的にこのままでは使用できませんからDVDに焼く必要があります。


ただし、ただ焼くだけでは使用できません。
DVDライティングソフトを使ってブートDVDを作成します(BurnCDCCなど)
http://www.terabyteunlimited.com/downloads-free-software.htm

で、BurnCDCCを起動(ダブルクリック)して上の方のFieImageの欄にBrowseをクリックしてDVDに焼くファイルを選びます。
ぼくの場合はディスクトップに"新しいフォルダ"というフォルダを作って保存してますから、Browseをクリツクするとファイルを開くってウインドウが出ますから、左側からディスクトップを選択して、
右側から"新しいフォルダ"を開き、
WidowsBlue-ClientwithApps-32bit-Japanese-X1899618
を選択します。
名前が長くてうざいからって、名前を変更しちゃイヤンですよー。
ここで気付くのが、Widows8.1の名前ですが、、、
ファイル名はWidowsBlueになってますね?
開発ネームはWidowsBlueなのでしょうか??

で、BurnCDCCのDeviceの欄にDVDドライブが選択されている事を確認します。
その下はAutoEjectにだけチェックを入れてStartをクリック♪
するとDVDドライブが開いて、画面に英語で、
『まっさらなディスクをDVDドライブに入れてくださいね♪』
と、出てきますから、新しいDVD-Rを入れてOKをクリックしてください。
途中でなぜかエラーが出て、DVD-Rが吐き出される事がありますが、そのままCD-Rを入れ直してStartをクリックすればいけちゃいましたねー?
その後の時間はDVDドライブの性能次第ですよー。
気長に待ちましょう。
ぼくのやつDVsn-XL1218U2DVD-R ライト18倍速で10分弱でしたねー。











インストールの流れ


00'00"
出来上がったらDVDを入れたまま再起動します。
(以下は基本的にノートパソコンでの操作です)

起動の優先順位をDVDドライブよりHDDの方を先にしている場合は、メーカーロゴ画面で、
F2キーを押して優先順位をDVDドライブを先にするか、
F12キーを押してCD(DVD)ブートを選択してください。
(F12はパソコンによっては使えない事もあります)

Please any Key boot from CD or DVD
と、DVDドライブから起動していいか英文で聞いてくるのでEnterを押します。
カラフルな金魚のブッキーちゃん(個人的に命名)
が表示されて(Widows8のプレビュー版よりかわいくなりました)
フリーズしたみたいな感じになりました。。。

Widows8よりいいですね。

はっきり言って8はデザインセンスなさすぎ。
ダサいです。


03'30"
青一色の画面になった後、設定画面に、、

言語は日本語
時刻と通貨も日本語
キーボードはMicrosoft IME
キーボードの種類は 日本語キーボード(106/109 キー)


を選択して
(たいていの日本のパソコンは以上でいいようです)


「次へ」をクリック


「今すぐインストール」をクリック


セットアップを始めています
の文字。


30秒ほどでプロダクトキー入力画面
キー入力して「次へ」
ライセンス条項の同意承諾画面になりますから左下の「同意します」にチェックを入れて
「次へ」をクリック


インストールの種類を選びます。
下のカスタムを選択


インストール場所の選択画面が出ましたので先ほどフォーマットしたWin8を選択して次へをクリック。
(ちなみに、フォーマットしてない場合は、右下のドライブオプションをクリックすればフォーマットしたりすることができます)


6'00"
Widowsのインストールが始まりました。
ここからちょっと時間がかかります。


14'00"
再起動しました。


ブッキーちゃんのマークの下であぶくが回ってます。


しばらくすると画面が真っ暗に、、、


またブッキーちゃんが出てきて、下であぶくがまわりはじめました。
「デバイスの準備中」の文字


17'10"
「準備しています」の文字


19'30"
画面が暗転
再起動です。
ブッキーの下であぶくが回ってます。
何度か画面が暗転します。


21'00"
パーソナル設定画面です。
上のバーは背景の色の選択です。
マウスのドラッグで色を選んでPC名を入力します。
ぼくの場合はパソコンのメーカーやモデル名などを入れてますよ。
ですから今回の場合はlenovoですねー。
入力したらEnterキーを押すか次へをクリックします。
ワイヤレスの画面が出ました。
今回はネット接続しないので左下の「後でワイヤレスネットワークに接続する」をクリック
設定
簡単設定を使うをクリック


PCへのサインイン
ユーザー名
ぼくの場合は、コンピューターのモデル名を入れることにしてますからTOSHIBAとかRX1を入力して完了をクリック。

画面が暗くなった後、
もう少しで完了しますの文字の後


「pcの準備をしています」
の下に
「少しお待ちください」
の文字。

「アプリをインストール中」
「アプリの準備中」

しばらく待つとスタート画面になり、インストール終了です。


まもなくPCの準備が整います
の文字
文字の上であぶくが回ってます。
設定初めて3~5分ほどでスタートスクリーンになってインストールの完了です。
左下にデスクトップのレンガ(というらしいアイコンみたいなもんですね)
がありますから、これをドラッグアンドドロップで左上に移動してください。
こうしておくと、この画面からEnterキーを押すだけでデスクトップ画面に代わります。
IEやメールでもいいですよ。
Enterキーで左上のものが起動しますです。
これ、結構便利ですねー。


今回は25分ほどかかりましたねー。
デスクトップのデフォルト画像は海ですかねー?
インストール直後のHDD使用容量は10GB弱
メモリ使用量は530MB前後とWidows8より軽くなってますよ。
すごいですね。7と比べて、8も軽いと思いましたがさらに軽くなってるようです。
----使用に関してはおいおい書き足す予定です。
あ、タスクバーにウインドウズマークがありましたよ。
反応は8と変わりませんけどね。
あとスタート画面の左下に矢印マークがあり、クリックするとすべてのアプリが表示されます。
これは使いやすいですね。



第一印象は、8より使いやすくなって動きが軽くなってる感じかなー。

って思いましたけど、重くなってますな。
うーん。。。
メモリの使用量も多くなってないし、CPUの使用量も変わらないみたいですけど、、、
なんで重いんでしょうね?





Widows8の操作方法のまとめ
https://note.mu/snm/n/n11a7199df85d
「無料のWidows 8」 Enterprise 90 日間評価版のインストールから使用まで♪
https://note.mu/snm/n/n6e149fb74916
ぱぴーLinux(Puppy)のブートCDの作り方♪2013/4/13改訂版♪(UbuntuウブントゥもOK。無料OS。 デュアルブートやUSBブートの参考サイトは一番下)
http://note.chiebukuro.aho.co.jp/detail/n12771
上記のことが知りたい人は上記のノートを見てください。


  • アドバイスありがとうございます。


事実と違うかも
minanmarootさん

  • キーボード操作でのシャツトダウンが可能になりました。スリープ・・・[Widowsキー+X]→[U]→[S]([Widowsキー+X]→[U]→[Enter]でもOK)シャットダウン・・・[Win

Widows8でも、キーボードのシャットダウンは可能ですよ。。。 Altキー+F4キー+Enterキー でできます。
参考リンク:http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1212/07/news046.html
----
まじすかっ!!
さっそく試してみます。


Widows8.1のダウンロード(Preview版です(期限切れ))
http://gigazine.net/news/20130627-Widows-8-1-preview/
http://Widows.microsoft.com/ja-jp/Widows-8/preview-iso
http://ascii.jp/elem/000/000/838/838194/

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く