旅行ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

壁画の街レオン@ニカラグア 旅行

9カ国目ニカラグアに入国。
スペイン・コロニアル様式の街・レオンに到着。
TICAバスを降りたはいいものの、周囲にはガソリンスタンドしかなく、そこがどこか全く分からない。
とりあえず、ガソリンスタンドに併設されている売店のATMでお金を下ろし、
タクシーでガイドブックに載っていた宿へ。


このお宿、ほんの少し値が張るけど居心地がとってもいい。
ドミのマットレスは固さが充分だし、WiFi無料、コーヒー・紅茶無料、
プールやハンモックもあって、何より高い天井の建物が素敵。
早速、ロッキングチェアにゆらゆら揺られながら、コーヒーをいただき至福の時間。
なんだか長居してしまいそうな予感。



休憩の後は、街を散策。
この街はサンディニスタ民族解放戦線(FSLN)の本拠地だそうで、
革命を叫ぶ政治的な壁画がたくさん描かれている。
FSLNがキューバ革命の影響を受けて創設され、至るところにゲバラの肖像画があるせいか、
なんとなく街自体がキューバに似ているように感じる。


観光客の姿はあまりなく、町中のカフェや公園では地元の人達がのんびりおしゃべりを楽しんでいる。
居心地のよさそうな街だ。
ありさ

http://96happyjourney.blog112.fc2.com/blog-entry-251.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く