ペット・動物ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

ペットの具合が悪くなる食物? ペット・動物

ペットに与えてはいけない食べ物について、
ペットを飼っている人も「飼いたいな」と思っている人も、
知識として知っておかなければなりません。
ペットの犬や猫が中毒などを起こしてしまい、
病院に連れていかなければならなくなるのです。

犬や猫にとって危険なものの代表は「ニンニク」や「玉ねぎ」です。
人間にとっては健康食品ですから、どこの家庭にもあるでしょう。

しかし、犬や猫にとっては中毒の元になるのです。

貧血や血尿を起こしてしまいます。
ネギに含まれる物質が溶血反応を起こすのだそうです。
生の玉ねぎだけではなく、加熱したものも成分はあまり変わらないから注意が必要です。

それから、意外なのですが生の肉もあまりよくありません。
本来ならば、生の肉は犬や猫にとってはごちそうなのですが、
通常販売されている肉は加熱を前提としています。

生の豚肉は、伝染病のトキソプラズマと言う原虫がいる恐れがあり加熱調理が必要です。

寄生虫などが含まれていることがあるからです。
また、生の魚も同じことなのです。
ここで主だった「与えてはいけない食べ物」をあげてみます。
【ネギ・タマネギ・ニラ・ニンニク】
よくうっかりあげてしまうのは、ハンバーグやタマネギの入ったスープ、特にすき焼きの汁などは注意が必要で
す。
【チョコレート・ココア・コーラ・コーヒー・などのカフェインが含まれたもの】
カフェインの成分のテオグロシン、
カカオに含まれるテオブロミンで
下痢・嘔吐・体温不調・多尿・尿失禁・ケイレン・テンカン発作の原因になります。
特にチョコレートは、中枢神経を刺激して、
大量に食べて致死量に達していると中毒を起こし
急性心不全などを引き起こすなど死亡例もあり要注意です。

【鳥の骨や鯛などの骨 】
特に鳥の骨は、縦に裂けるので、のどや内臓に刺さる恐れがあるので危険です。
【エビ・タコ・イカ 】

【カニ・クラゲ・こんにゃく・しいたけ・たけのこ・豆類 】【牛乳などの乳製品】
エビから乳製品まではほとんど消化不良で、
軟便・下痢を引き起こしやすいようです。
いずれにしてもペットは野生の動物ではないので、
体質がまったく違うものと考えてください。
いろいろな食べ物を与えるよりも、
いつも決まったペットフードを与える方が安心できます。

http://litiecircusz4c.blog100.fc2.com/blog-entry-60.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く