ビジネスノウハウをみんなで自由に編集し合える!

個人事業主になりたい方へ ビジネス

個人事業主になりたい方へ

個人事業主になりたいと考えている方は多いのではないでしょうか?
しかし、個人事業主になる前に、やらなければならないことがあります。
今回は開業するまでにやることを簡単にまとめてみました。

まずは情報収集から

開業を思い立ったら、まずは情報収集です。現在はインターネットを通じて、無料で有用な情報を集めることができます。あなたと同じ業種の人の開業体験談を収集したり、開業に向けて何をすべきかを調べたりしてみましょう。情報収集は「客観情報」と「主観情報」を整理して集めることが大切です。事業がうまくいくかどうかは、あなた自身が自分自身への客観性を保てるかどうかにかかっています。「こうすればうまくいく」というような“うまい話”だけではなく、失敗談などのネガティブ情報にも目を向けましょう。開業のリスクも知っておけば、同じ轍を踏まずにすむでしょう。
引用:http://www.office-start.com/preparation/pre.html

開業資金のチェック

何年も前から開業のために少しずつ貯金をしてきたという人もいれば、急に独立を思い立って起業するという人もいるでしょう。ともかく、事業を成功させるためには、現在の自分の資金力を確認しておくことが最重要です。用意できる資金の額によっては、開業までの予定を大幅に修正しなければならないという事態も生じます。できるだけ具体的に金額を書いていきましょう。自分の資本= 資産 - 負債
引用:http://www.levelup99.net/kojinjigyou/category3/entry15.html

開業届の準備

個人事業を開始するためには、税務署に「開業届」を提出する必要があります。開業届は正式名称を「個人事業の開業・廃業等届出書」といいます。新たに開業する場合はもちろん、事業所を移動する際や廃業の際も提出することになっています。事業を始める人の中には、「忙しいから」「ややこしくて面倒」という理由で開業届を提出しない人もいるようです。しかし、事業所得が一定額以上発生し確定申告をおこなう際には、開業届の提出が必須事項となります。またそれ以上に、開業届を出すことは事業主にとって大きなメリットにも繋がるのです。
引用:https://freelance.levtech.jp/consulting/detail/131/

Webサイトを作る

インターネットサイトを店舗として事業を行う場合はもちろん必要ですが、実店舗型の事業を考えている場合でもサイトを作ることをおすすめします。インターネットは全国どこからでも気軽に閲覧することができるため、有力な宣伝材料となってくれるでしょう。サイトを作るにはある程度知識が必要ですが、最近は簡単にサイトを作れるツール等もでてきていますので活用してみてはいかがでしょうか。
http://www.mt-tommy.com/start/preparation.html

最後に

開業前はやることが多いです。
面倒くさからずに根気強く進めていきましょう。

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く