その他ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

職場での気遣い方~オフィスという名の戦場を乗り越える~ その他


職場には自分を含め、たくさんの人がいます。そんな中で必要になってくるのが、他人への気遣いです。気遣いができない人は今の時代を生きていけないと言っても過言ではないです。オフィスは言わば戦場。群雄割拠の戦国時代を乗り越えられるかどうかはあなた次第です。

気遣いができる人の習慣

気遣いは意識せずともできるようになりたいですね。意識から無意識へ。無意識から習慣へ。
ここでは気遣いができている人の習慣をご紹介します。

気遣い上手は先読みする

気遣いができる人は先を読む能力に長けています。先を読むというのは、想像力を働かせること。「もしあの仕事が決まった時は、資料が必要だよな。時間もかからないから、用意だけしておくか」と考え、先回りしておくことで信頼感を得ることができます。

引用:http://the5seconds.com/consideration-2308.html

気遣いができる人は、表情から心と体の調子を読み取る

気遣いができる人は、表情から相手の調子を悟ります。人は、言葉とは裏腹に、心と体の調子が「表情」に出てしまいます。気遣いできる人は、険しくて疲れている表情を読み取ります。言葉ではなく表情を見て会話をできる人は、人の気持ちを読んで会話をしているのです。

引用:http://goodluckjapan.com/kizukai/

女性が多い職場での気遣い

女性の方が多い職場もあるのではないでしょうか。そこで女性が多い職場でできる気遣いをいくつか探してきました。
男女問わず必見です。

職場で異性からの『モテ談話』をしない

女性だけの職場に限らず、多くの職場で『女性同士の争い』に発展するのは、やっぱり男性が絡んだケース。同じ男性を好きになってしまったというようなダイレクトなケースもありますが、それ以上にやっかいなのが『自分がいかに男性からモテるか』をアピールする女性の存在。職場はあくまでも『お仕事をする場所』。プライベートで仲良しの友人にモテ談話をするのは構いませんが、職場では、恋人の自慢話やモテ話をするのは控えたほうが良さそうです。『恋愛の事ばかり考えているんだな』と受け止められてしまう恐れもありますからね。

引用:https://baitalk.jp/media/article/65/

気遣いとは清潔感である

身だしなみをきちんとするのは、ビジネスパーソンとしてのビジネススキルとも言えますが、人は見た目でその人を判断します。だらしがない格好をしていたら、性格や印象もだらしがないと見られてしまいます。社内の女性社員はさらに厳しく、男性社員の身だしなみなどをチェックしています。ですから、いつも清潔感を大事にすることを心がけましょう。

引用:https://careerpark.jp/33929

情緒不安定な人への気遣い

嫌なことがあって人目を憚らず、オフィスで泣いてしまう人もいるのではないでしょうか。そんな状況でも上手く気遣いができるための方法を伝授します。

お茶を淹れる

「頭を冷やす時間をくれた同僚に、すごく感謝しています」(20代女性)のように、「一緒にブレイクタイムをとってもらえると嬉しい」と感じる人もいるようです。時間があるようなら、一緒にお茶を飲みつつ、泣いてしまった経緯を聞いてあげるといいでしょう。

引用:http://girl.sugoren.com/report/1365662259490/

濡れタオルを渡す

「泣いたことがバレないよう、フォローしてくれた同僚の心遣いにまた泣けてきました」(20代女性)というように、腫れた目をケアするアクションも喜ばれるでしょう。赤くなった鼻や崩れたメイクを隠すために、大きめのマスクを差し入れてあげるのもいいかもしれません。

引用:http://news.ameba.jp/20130424-155/

まとめ

・先読み行動をする
・相手の外面から読み取る
・モテ自慢をしない
・清潔感を保つ
・情緒不安定な人へのケアを怠らない
いかがでしたでしょうか?今回取り上げたのは少ないですが、人ができる気遣いはたくさんあります。
気遣いは難しいものではなく、誰でも意識するだけで実践できます。
習慣的に気遣いができるようになった時、周りから尊敬され、愛されるビジネスパーソンになれるのではないでしょうか。

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く