コンピュータ・インターネットノウハウをみんなで自由に編集し合える!

iMacからiPhoneへ動画を転送する方法 コンピュータ・インターネット

「iMacに保存されている動画をiPhoneに転送したいですが、どうしたらいいでしょうか?」
という質問を持っている方が多いようです。iTunesでファイルを同期する方法は一番知られていますが、操作がやや複雑ですし、不注意でiPhoneのデータを上書きする恐れがあります。

ここで、一つ使いやすいツール「AirMore」とこのツールにより動画をiMacからiPhoneへ転送する方法を紹介いたします。

「AirMore」がウェブ上で起動できる無料転送アプリです。QRコードスキャンにより携帯とパソコンを無線で接続できたら、画像、音楽、動画などのファイルをパソコンとスマホの間で自由に転送できます。また、iOSとAndroid両方に対応可能です。下記のウェブページにアクセスしたら、このアプリを利用できます。
http://airmore.com/jp/



では、早速このツールにより、iMacからiPhoneへ動画を移す方法を説明しておきます。

ステップ1:  iMacとiPhoneを同じWi-Fiネットワークに接続します。(同じWi-Fiに繋ぐことが必須条件です。ご注意ください。)

ステップ2: app storeからAirMoreをiPhoneにダウンロードします。

ステップ3: iMacのsafariでairmore.com/web.htmlにアクセスします。ウェブページが開いたら、一つのQRコードがロードされます。



ステップ4: iPhoneのAirMoreを起動して、ウェブ上のQRコードをスキャンします。この際、スマホの画面にポップアップウィンドウが表示されたら、「許可」を押せばよいです。すると、接続が確立されます。

ステップ5:  ウェブページにAirMoreの立ち上げ画面が表示され、左にある「動画」アイコンをクリックしたら、動画のタブが開けられます。



ステップ6: 「ファイルをアップロード」ボタンをクリックして、ローカルから転送したい動画ファイルを選んで、「選択」を押下すると、選ばれた動画がiMacからiPhoneへ転送されます。



ネットの調子がよければ、転送スピードがかなり早いです。

この方法により、転送したい動画ファイルだけを転送することができ、iPhoneのデータが上書きされる可能性がゼロです。
また、画像、音楽、ドキュメントなども同じやり方で転送できます。
皆さんも好きなアニメやムービーをiMacからiPhoneへ転送したければ、この便利なツールを使ってみてください。

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く