健康ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

【悲惨】エロ動画を長時間探し続けると自律神経失調症になる!  健康

最近、妙に首筋が凝るので、ネットで調べてみたら、面白いことがわかったので、まとめておきます。
パソコン操作の姿勢が悪いと、首が凝り、それが原因で自立神経失調症になるという話です。
自立神経失調症の症状はいろいろあります。以下の一つでも思い当たる節があるなら、すでに自律神経に問題が生じているかもしれません。
・イライラすることがよくある。
・強い不安に襲われることがある。
・動悸が激しいと感じることがある。
・夜眠れない、眠ってもすぐに目を覚ましてしまう。
・多汗症。
・手足がしびれる。
首が凝ると、「頚性神経筋症候群」という病気になることが多いそうです。頚性神経筋症候群というのは、首が凝って血管が圧迫され(?)、副交感神経が働かなくなり、精神疾患になる症状です。
頚性神経筋症候群の発見者である松井氏(脳神経外科医)によると、うつ病、自立神経失調症、パニック障害の患者の多くは、頚性神経筋症候群であり、首残りを治せば、精神疾患が治るそうです。
さて、首コリの改善方法について調べていたらわかったのですが、首コリの最大の原因はパソコン作業の際の姿勢です。
「猫背+亀首」といった姿勢が首コリになりやすい。
パソコン作業をしていると、ついつい、猫背になって、首を前に突き出すような姿勢になってしまいます。
特に、エロ動画を探す際、ズボンを脱いで、パソコンの前に座り、検索のために、キーボードを入力しているときは、このような姿勢になることが多いのではないでしょうか。
エロ動画を探す時以外も、長時間パソコン作業をしていると、気がついたら「亀首」の姿勢になっていることがあると思います。
これが、実は危険。
人間の頭部は約6kg、スイカ1つ分の重さがあると言われています。それを細い首で支えるだけでも、首の負担は大きいのです。
本来ならば、まっすぐ上を向いた首の上に頭が載っているのですが、亀首だと、首が斜めに傾いた状態で、6kg程の頭部を支えることになるので、首の負担が非常に大きくなるのです。
そのため、首が凝りやすい。
つまり、自立神経失調症になりやすいのです!
首コリにならないようにするためには、まず姿勢をよくすることが大切です。
その上で、ストレッチを行う。
マッサージは、応急処置としてはいいのですが、時間がたつとすぐに首コリが元に戻ってしまうので、ストレッチの方がいいと思います。

首コリのストレッチは、いろいろあるけれど、どれも大差はないと思います。
一応、以下に、参考サイトを掲載しておきます。
Youtubeの動画が一番わかり易いと思います。
基本的に、首筋が伸びる運動をすれば、首コリは改善されるようです。
いろいろな部位の筋肉が伸びるように、前後に倒したり、横に倒したり、斜め後ろに倒したり、グルグル回したりすれば気持ち位と思います。
【参考サイト】
首が痛い!首こり解消方法
http://matome.naver.jp/odai/2143527609212496101
(まとめの下の方にYoutube動画集がある)
産後すぐからできるストレッチ
http://www.happy-note.com/shine/130/post_3.html
(なぜか、2枚目の写真がちょっとエロく見える)
仕事の合間の15秒ストレッチ:アリナミン
http://alinamin.jp/tired/stretch/07.html
(アリナミンの公式サイト)
イルチブレインヨガの首ストレッチ
http://www.brain-training.jp/archives/2152
(写真に文字が書き込んであってわかりやすい)

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く