教育ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

部活のある日に部活より優先したい用事がある時の対処法 教育



はじめに
ここでお話ししたいのは、部活のある日に部活より優先したい用事がある時、どう対処すればよいか、ということです。まずは、下の事例を読んで、状況をつかんでみましょう。
事例
中学校で、部活動に所属しているAくん。ある日、Aくんは、「あっ、この日、○○祭りがあるじゃないか。行きたいなぁ」とつぶやいています。しかし、部活の予定表を見てみると、「う、嘘だろ‥‥‥この日、部活があるじゃん‥‥‥」と、困っています。そのことを、ある日、Aくんは、部活の先生に言ってしまいました。すると、部活の先生に、、「そんな用事で休むなら部活やめろ」と言われてしまいました。そのことを親に相談すると、親は、先生に、苦情を入れました。しかし、それが逆効果で、Aくんに部活を指導する人はいなくなってしまいました。トホホ・・・

この文を読むと、いかにかわいそうなAくんであることがわかるでしょう。しかし、先生に責任はありません。そこで、このノートでは、このような時どうすればよいかを話していきます。
下手な説明かもしれませんが、ご了承ください。

ポイント
ここでは、部活をやめたくない人に合わせた内容を書いていこうと思います。
ここで言いたい状況(用事)の例
・市区町村内で行われるお祭りに行きたいのに、同日に部活がある場合
・マラソン大会や駅伝大会を観戦したいが、同日に部活がある場合
・視聴したい生番組が放送される時間帯に部活がある場合
・自分の好きな歌手のコンサートに行きたいが、同日に部活がある場合
等です。
対処法
対処法をお話しますが、部活のある日に部活より優先したい用事があるのであれば、部活をサボるしかないわけです。では、対処法をお話しします。
準備:先を見る
まずは、「あの時に先を読んでおけば良かった」と後悔しないよう、これから自分の住んでいる地域の周辺でどんな行事が行われるかを確認しておきましょう。
ただし、先をみるだけでは、意味がないですよ。4月か5月ごろに、「年間予定表」が配られるだろうと思います。これにもしっかりと目を通しておきましょう。
次から、準備等の説明です。
第1段階.順番の整理
その用事に適する対策(すなわち同日の部活をサボる方法)を考えます。
まずは、「対策を練る」ために、計画しやすい順番に整理してみましょう。
例も挙げておきます。
その1 いつの日までに対策を終えればいいかを考える。
その2 対策をねる順番を決める。
その3 順番に対策を組んでいく。


これで、第1段階は終わりです。第2段階へ進みましょう。
第2段階.言い訳の候補を挙げる
部活をサボるにあたって、言い訳を考えておきましょう。

注意
言い訳を考えておかないと、先生に欠席の理由を聞かれ、その時に苦しい思いをすることになります。仮に、欠席の理由を聞かれた時に、「秘密」と言って回答を拒否したとしても、「誰にも言わないから」と、しつこく聞いてきます。また、回答の拒否をし続ければ、「なんかあいつおかしいぞ」と思われかねません。
ここで、ふさわしい言い訳とふさわしくない言い訳の例を挙げておきます。
ふさわしい言い訳の例
・お見舞いに行く
・習い事がある
・お参りに行く
・葬式に行く
・結婚式に行く
・法事がある
・お医者さんに行く  等

ふさわしくない言い訳の例
・おつかいに行く
・遊びに行く
・マラソン(駅伝)を観戦する 等

言い訳の候補がある程度挙がったら、第3段階へ進んでください。
後からこの段階に戻ることはできますが、なるべくそういうことがないようにしてください。
第3段階.言い訳を決める
前の段階で選考した言い訳を1つに絞りましょう。
言い訳に使用するフレーズは、言い訳当日の前夜には最終決定しておきます。

注意
2種類以上言い訳を使うことが絶対にないようにしてください。
先生に、欠席理由を再度聞かれる場合があり、1回目の言い訳で使用したフレーズと違うフレーズを使用した場合、「あれ?こいつ、何かおかしいぞ?」というように、先生に思われかねません。そのため、1回目の言い訳終了後は、フレーズの変更を絶対にしないでください。
そのため、後からこの段階に戻ることはできません。
変更の可能性がある場合、次の段階には進まないように!!
本当に言い訳が決まったら、次の段階に進みましょう!!




最終段階.先生に言い訳
ここが、最も緊張する場面です。とても、緊張感なしでできることではありません。また、次のことを約束し、言い訳に臨んでください。


1.部活より優先したい用事を選んで絶対後悔しないという事を自分に誓約すること。
(後からやっぱり部活動を選べばよかったと後悔する人もいます)
2.言い訳を必ず成功させる覚悟を持つこと。(失敗したら信用を失います)


そして、緊張感を持ちながら、言い訳をします。先生が、了解を得た時点で、言い訳は成功です。
だからと言って、油断してはいけません。なぜなら、上の注意にも書いているように、欠席の理由を再度聞かれる場合があるからです。
また、言うまでもありませんが、言い訳のチャンスは1回きりです。
やり直しがきかない、信用を失うなど、失敗した時のリスクだらけといえます。
1回しかチャンスがない以上、失敗が許されない、重大な挑戦であることがいえます。
さらに、人は、嘘をつくときに、どうしても早口になりがちです。決して早口になってはいけません。
これで、終了です。

重要
部活の先生に対して、部活より優先したい用事の内容は絶対に言ってはいけません。もし言ってしまうと、「そんな用事で休むなら部活やめろ」と言われるだけでなく、それまでに組み立ててきた計画が水の泡になってしまいます。気をつけましょう。
(この辺の事情は、下に書いています。)
ここまでのまとめ
私がここまでに説明したことをまとめます。
・言い訳は、曜日など、条件などが当日に適したものの中から1つに絞る。
・再度理由を聞かれることを想定する。
・部活より優先したい用事の内容を先生に言ってはいけない。

・言い訳を必ず成功させる。




部活より優先したい用事があるということを先生に言ってしまった場合
上にも書いているように、部活より優先したい用事があるということを言ってしまった場合、「そんな用事で休むなら部活やめろ」と言われます。そして、こういう先生は、日本中にいます。そういう時は、どう対処すれば良いのでしょうか。それは、
「そんな用事で休むなら部活やめろ」と言われたことに対して、親が先生に文句を言う
ということです。
簡単に言えば、親が、部活の先生に対して、「うちの子に対して二度と部活やめろと言うな」と言うことです。
ただし、これの効果が良くなるのは、顧問に「文句があるんだったら(親と)言って頂いて結構です」と言われなかった場合のみです。
では、どうやって苦情を入れればよいのでしょうか。
一番いいのは、文書です。口頭はお薦めしません。
その理由は後で述べます。
とりあえず、苦情の例を書いてみます。
文句の言い方
親が読むところです。もちろん、読んでいい人を制限をしているのではございません。
ただし、文句の言い方にもいくつか注意点があります。下の例文を読んで気づく事を挙げてみましょう。

文例
「○○先生、あなた、先程家の子供に『そんな用事で休むなら部活やめろ』と言いましたよね?どうしてそんな事家の子に言ったでしょうか?もう、二度とそんな事家の子供に言うんじゃない!!○月○日くらい休ませてあげな!!そして、これからも指導してあげろ!!わかったか!!」                    という感じです。

ここに書いている例文を読んで、気づいたことはありませんか。そう。「これからも指導してあげろ」の部分が目立つように書かれている、という事です。

解説と注意点
文句を言うときは、必ず、「これからも指導してあげろ」を添えるようにしてください。そうしないと、文句は言ったものの、こんなことになるかもしれません。
「やめろ」とは言わなくなるが、今度は、「あっ、わかった。じゃあもう指導なんかせえへん!!!!!」といった返答が来る恐れがあるからです。要は、文句の言い方を少しでも間違えると逆効果になるという事です。
ここでいう逆効果とは、「あなたに指導しなくなる」の意味ですので、必ず知っておいてください。
それともう1つ、先程、口頭はお薦めしないと書きました。
それは、トラブルや口喧嘩の元になるからです。
文書なら、(親が)顧問に勝つ覚悟が中途半端でも文句を言うのに適しますが、
電話や直接会いに行くなどの口頭だと、口喧嘩に発展しかねませんし、よほどの覚悟がないと文句を言うことに失敗する可能性があるうえ、文句を言うのにも適さないからです。

ここまでのまとめ
・顧問に文句があるなら言っていいと言われなかった場合のみ、文句を言える。
・文句を言う場合は、必ず文書で行う。
・「これからも指導してあげろ」を必ず添える。

みなさんが、このように、部活のある日に部活より優先したい用事がある時にここで紹介した対処法を活用してくれることを期待します。もし、誤字や間違いや感想などがあれば、アドバイスをください。

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く