コンピュータ・インターネットノウハウをみんなで自由に編集し合える!

PCへiPhoneの写真を転送する方法まとめ コンピュータ・インターネット

はじめに


iPhoneで写真を取り、PCへ転送したい。やり方はたくさんありますが、使いやすい方だけ簡単にまとめてみました。

転送する前にやっておきたいこと

iPhoneユーザーなら高確率で使っている公式ツール、iTunes!写真を転送することだけに限らず、iPhoneをPCと接続するなら、必ずやっておきたいことがあります。それは、自動同期をオフにすることです。
アップル社の製品は、データの基準はデバイスではなく、パソコンにあるiTunesがその基準です。iTunesにないものは、同期したら、デバイスから削除されます。そのために、繋ぐ前に、自動同期をオフにすることがおすすめです!
iTunesをインストールしてない方は、iTunesをインストールすることをおすすめします。

必要によって方法を変える

iPhoneの写真を転送したいと言っても、状況は様々ですので、必要によって的確な方法を選んだ方がいいと思います。
たとえば、整理なしに、まるごとパソコンに投げればいい場合などは、エクスプローラーで転送すればいいです。一枚だけで、PCから探すのも面倒な場合は、アプリやソフトなどの力を借りて転送します。それと、ケーブルを使う方法と、無線でやる方法も、違います。

考えられる方法

1、エクスプローラーで写真を転送する

一番簡単な方法です。
①USBケーブルを使って、iPhoneをPCと接続します。
②「このコンピュータを信頼しますか?」のメッセージが出たら、「信頼」をタップ。
③iTunesを立ち上がり、「このコンピュータが“iPhone”上の情報にアクセスするのを許可しますか?」に許可する。
④「コンピュータ(Winの場合)」→「iPhone」を新しいデバイスとして見ることができます→「DCIM」というフォルダから写真を転送

2、LINEなどのアプリで無線で転送する

USBが使えない、ケーブルを持ってないけど、Wi-Fiは使える方には、アプリなどで転送することができます。無線で転送できるアプリも検索すればたくさん出ます。

LINEを活用する方法:
LINEのPCソフトをインストールして、グループを作り、iPhoneからそのグループに写真を送信し、PCソフト側から受け取る方法もあります!

3、iPhoneの写真を転送できるソフトで計画的に転送する

写真を計画的に転送したい、ちゃんとチェックしてからPCに送りたい方には、「FonePaw iOS転送」というiPhone転送ソフトでiPhoneから写真をPCに転送する方法(http://www.fonepaw.jp/tutorials/transfer-iphone-photos-to-pc.html)をおすすめします。
エクスプローラーと違い、ちゃんとカメラロール、フォトライブラリーなどを分類してiPhoneの中の写真を見ることができ、ちょっと手がかかる転送には便利。

発生可能なトラブル

※iPhoneが認識されない場合、USB接続を確認する、iPhoneを再起動、iTunesを最新版にする、iTunesを再インストールするという四つの方法を試してみてください。

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く