コンピュータ・インターネットノウハウをみんなで自由に編集し合える!

よくある水虫の症状 コンピュータ・インターネット

足の水虫によく見られる種類を紹介しましょう。痒くないから水虫ではない、ジュクジュクしていないので水虫ではない、そんなことはありません。水虫には様々なタイプがあるのです。


水虫を確実に改善できる方法はコチラ
⇒ http://oyako.biz/fc2_knowhow/himago/mizumushi/

し間型
水虫の症状で一番多いのがこのタイプです。足の指と指の間にできる水虫で、指がくっつきがちな薬指と小指の間に多く発症します。皮膚が真っ白にふやけてしまい、痒みも出てきます。次第にふやけた部分が剥けてきて、ふやけた部分がどんどん広がっていきます。これを繰り返すうちに慢性化してしまい、中々治りづらくなってしまいます。ふやけた皮が剥けると中から浸出液が出てきて痛む場合もあります。皮が剥けた皮膚のふちが乾いて固くなり、ひび割れたようになると引っかかってケガの原因にもなります。

小水疱型
二番目に多い水虫の症状がこの小水疱型になります。足の横や土踏まずに赤い水疱ができ、強い痒みを伴います。出来た水疱は次々と乾燥してカサカサになって皮が剥け、違う場所に新たに水疱ができ……こうして出ては乾燥することを繰り返し、徐々に範囲を広めていきます。水疱が破れたからと言って、その中に白癬菌はいないのですが、かぶれやあせもと間違いやすい症状ですので、きちんと皮膚科を受診しましょう。

角質増殖型(角化型)
し間型と小水疱型の水虫が同時に発症することはあるのですが、この角質増殖型は単独で発症します。かゆみもほとんどなく、水虫と気づきにくい厄介なケースですが、これも立派な水虫です。かかとやその側面が固く、厚くなり、ガサガサして皮が剥けます。アカギレのようにひび割れてくる場合もあります。通年、症状が変わらないので水虫であるかどうかさえ分からないケースもあります。皮がボロボロと剥けるために、家族にそれと知らずに水虫をうつしてしまう場合も多々あります。これは水虫が慢性化した状態です。ただの乾燥だと思ってクリームなどを塗っていると、水虫菌に栄養を与えてしまうことになり、治りが遅いばかりか悪化させてしまいます。
早めに治療を

水虫につきものなのが臭いです。臭いがひどいということは、足が蒸れているといことです。足が乾いている状態では臭いはしないでしょう。足を洗ってもすぐ臭ってくるようになったら要注意です。水虫菌が大好きな環境になっているといっていいでしょう。水虫の範囲が広がらないうちに、早期治療をはじめましょう。恥ずかしいからと病院に行くのをためらう人がいますが、水虫は自分だけではありません。病院にきている人の中に、水虫の人は大勢いるでしょう。そう思って早めに病院を訪れて治療する方が先決です。
COLUMN~水虫・父から子へ~

長距離トラックのドライバーをしているお父さん。ひどい水虫だったのですが、運転している間は靴を履きっぱなしでした。臭いもひどいので、帰宅すると玄関にバケツが用意されていて、足を洗ってから家に入っていました。それを見ていた息子さんが、久しぶりに帰ってくるお父さんと並んで一緒に足を洗い、同じタオルで足を拭いていました。ご家族に水虫に対する知識がなかったのか、当時はただの足の蒸れで臭うと思っていたのか、息子さんの行動を止める家族は誰一人いませんでした。むしろ、お父さんが帰宅して喜んで、一緒に玄関に座って足を洗うのを微笑ましく見ていたのです。案の定、息子さんにも水虫はうつり、痒いときだけ薬をつける中途半端な治療をするため、それから30年以上も水虫とつきあい続けています。


水虫を確実に改善できる方法はコチラ
⇒ http://oyako.biz/fc2_knowhow/himago/mizumushi/

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く