ビジネスノウハウをみんなで自由に編集し合える!

交通事故の場合の過失相殺 ビジネス

過失相殺とは何か
過失相殺とは、交通事故の際、その全ての責任を事故を起こした側に負担させる事は公平ではないという観点から、 事故が起きた原因が被害者側の過失にもあるのであれば、賠償金の額を決定する際に減額するなどして公平を図っていく考え方の事を 言います。
法律実務上も交通事故の際の当事者の過失相殺が明らかになれば賠償金問題はほぼ決着したと言っても良いかもしれません。
尚、自動車同士での事故の場合には、双方の損害額を過失割合に応じてそれぞれが負担する形になります。

過失相殺の際の「信頼の原則」
交通の秩序というものに関して、車の運転者や歩行者などの交通関与者は、他の交通関与者がきちんと交通ルールを守るであろう 事を原則的に信頼しても良いんです。(原則的にと言うのは、特別な事情が無い限りと言う事です)
よって、他の関与者が交通秩序を乱す(ルールに違反する)事を予想する必要は無く、この結果事故が起こってもその考えを理由に責任負うことは無いという考え方が「信頼の原則」であり、これが過失相殺の理論の根本原理となっているんです。

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く