その他ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

サジェスト機能による汚染と対策方法 その他

みなさんが普段なんとなく使われているGoogleでサジェスト機能は大活躍しています。
しかし、その一方で、そのサジェスト機能によって苦しんでいる人がいるのをご存知でしょうか?
今回はサジェスト機能とその汚染問題・対策についてご紹介します!

サジェストの表示方法

まず、サジェスト機能についてお話します。
サジェストとは「sugest」のことで、示唆するという意味があります。
つまり、Googleで検索しようとある語句を入れた時、その隣に「これを調べたいんじゃないんですか?」といったように関連語句を自動的に候補として出してくれる機能をサジェスト機能と言います。
サジェスト機能が自動的に候補を出してくれるので、自分で最後まで手入力する必要がなく、手間と時間が省けてとても助かります。
もしくは、あやふやな語句を検索したとしても、入力途中で候補が表示されるので正しい語句で検索しやすくなります。
余談ですが、こちらの機能とよく似た「オートコンプリート」というものもあり、こちらは以前に入力した語句やデータを再入力する手間を省くためのものです。また、yahoo!にもサジェスト機能とほぼ同じ「入力補助機能」というものがあります。しかし、yahoo!の入力補助とGoogleのサジェストとでは、表示される条件が少し異なります。
Googleのサジェストは
①そのフレーズがどの程度検索されているか
②検索ユーザーの位置情報
③語句とフレーズの言及
という3つの表示条件があります。
①に関しては、単純にその語句やフレーズがどの程度検索されているかという、検索ボリュームが重要視されます。つまり、表示されているサジェストはすべてある一定の割合で検索されているということになります。
②につきましては、検索ユーザーが分散している必要があるということです。同じ人が何回検索してもそれは1回というカウントになります。
③は、そのキーワードに関するサイトが存在しているかどうかという条件です。実際にその語句やフレーズがWeb上で語られているかどうかも順位に影響します。

サジェスト汚染

さきほど述べたような条件をクリアした語句だけが、サジェストに載っているのですが、それがネガティブな語句だったとしたらそれは風評被害になってしまいます。また、1度サジェストにネガティブ語句が載ると、それだけでは収まらず拡散しやすいという傾向があります。
じゃあGoogleに消してもらおう!!と考えたとしてもそれは難しい問題です。
実際にサジェスト汚染により職を追われた男性がGoogleへ表示削除を求めたという事例がありますが、Googleはサジェストは「単語を羅列しているだけで、プライバシー侵害には当たらない」と削除を拒否しました。
この男性以外にも、会社名や個人名でそういったサジェスト汚染をされ、周りからの信頼や信用を失いかけて悩まれている方は少なくありません。

  • サジェスト汚染対策会社

サイト運営側であるGoogleが削除しない今の現状では、被害を受けた多くの方がお金を払いサジェスト汚染対策をしています。
中でも支持されているのが、サジェスト対策PROです。
どんなビックワードでも同じ価格で即日にネガティブキーワードを削除することから、信頼が熱く実績が高いです。
サジェスト対策をすることで、風評被害はなくなり、企業は売上を上げたり、新入社員が入りやすくなるなどのメリットがあります。
もし心当たりのない誹謗中傷がサジェストにでてしまい悩むことがあれば、そのまま放置するのではなく、必ず一度専門の方に相談することをおすすめします。
気になる方はhttp://xn--hck1ajf9ey606a233b.jp/検索してみてください。

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く