アート・エンターテイメントノウハウをみんなで自由に編集し合える!

恐怖症の悪循環とは?  アート・エンターテイメント

恐怖症は非常に厄介な病気で、一度意識してしまうと、どんどん悪化してしまうことがあります。
というのも、恐怖症の基本的な症状は、社会生活で遭遇する不安や恐怖、物や人に対する
恐怖など心理的な問題だからです。

私も幼い頃のトラウマでちょっとだけ大変な経験をしました。
私の嫁にいたっては、対人恐怖症が原因で病院に通っている時期がありました。
そんな私達夫婦ですが、ある治療法で恐怖症を改善することができたのです。
その治療法は『自宅で薬を飲むこともなく恐怖症の症状を改善する』
というコンセプトの治療法ですが・・・続きはこちら


本当に苦しいのは理解できない身体症状
恐怖症で悩んでいる人の悩みの種になるのは、不安や恐怖を感じる状況や
恐怖を感じる物などが原因で現れる身体症状になります。
「満員電車に乗ると倒れそうになる」「電話で上手に話すことができない」「顔が真っ赤になる」
など様々な症状があり、これを過敏に意識しだすと、「また、真っ赤になったらどうしよう」
「また、あの症状がでたらどうしよう」というように以前に不安や恐怖を感じた状況や物を
イメージするだけで、緊張感が高まってしまい、ますます、その状況が苦手になってしまうという
悪循環に陥ります。

次の話は「エクスポージャー」でもふれているのですが、人間は学習する生き物です。
計算を繰り返しすれば早く解けるようになり、スポーツの練習をすれば上達します。
それと一緒で、不安や恐怖を感じた状況を繰り返し体験すると、間違った学習により
以前よりも反応が強くなってしまい、最初はその場面に遭遇しないと現れなかった症状が、
繰り返し体験することで、苦手意識が強まり、その状況をイメージしただけで症状が
現れるようになってしまうのです。
恐怖症の場合は、この人間の学習能力が、間違った学習として作用してしまい、
どんどん悪循環へと陥ってしまうのです。

「じゃあ、どうしようもないじゃないか!」
と思うかもしれませんが、ちょっと待ってください。
人間は学習する生き物と言いましたよね。
ということは、間違った学習も修正することが出来るということです。
まずは、恐怖症にどうしてなってしまうのかを知ることです。
というのも、知ることで改善できることが発見できるからです。
そして、あせらずに一歩ずつ、少しずつ修正してください。あなたの間違った学習を・・・


【1日5分で恐怖症を克服する方法】はこちら
http://www.infotop.jp/click.php?aid=250591&iid=36675

恐怖症をどうしても治したいという【【強い意志】】を持った方におすすめです。

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く