アート・エンターテイメントノウハウをみんなで自由に編集し合える!

認知行動療法の方法をマスターしよう!  アート・エンターテイメント

1、認知行動療法の方法について学習しよう
認知行動療法とは
認知行動療法の基本的な流れ
認知行動療法についての補足
認知行動療法とは
心理療法の1つである認知行動療法とは、薬物療法にならぶ恐怖症の代表的な治療法になります。
薬物療法が心の薬とするならば、認知行動療法の方法は心の筋トレと考えるとわかりやすかもしれません。
薬によって、一時的に不安や恐怖を抑えても、おおもとの心を鍛えていないと、
根本から治ったことにはならないということです。

恐怖症で悩んでいる人は、本来は不安や恐怖の対象でないものに対して過敏な反応をしてしまいます。
そして、その不安や恐怖を避けることを「回避行動」というのですが、
恐怖症で悩んでいる人は、ものごとを異常なほどマイナス思考で考えてしまう傾向があり
ほんのささいなミスでさえ、「私はこんなこともできないのか」といったように
ものごとを深刻に考えてしまい、どんどん行動できないようになります。
認知行動療法では、その異常なほどのマイナス思考による「間違った思い込み」
を修正し前向きな思考パターンに正していく治療法になります。
不安や恐怖から逃げる人生に別れを告げて、楽しい人生をおくるためにも、
認知行動療法は、ぜひ取り入れたい治療法といえるでしょう。


認知行動療法 方法の基本的な流れ
認知行動療法で、まず最初にすることは、自分自身の生活状況や不安・恐怖に対する
心理状況をよく理解し、病気に対する問題点をあきらかにします。
そして、「間違った思い込み」による「回避行動」を克服するため、
パニック発作になったときの現場での対処法(自律訓練法・呼吸法)をマスターし、
エクスポージャー(暴露療法)により、少しずつ不安や恐怖を感じる物や状況に
なれるように治療していきます。


認知行動療法についての補足
認知行動療法の効果は、すぐに得られるものではありません。
少しずつ時間をかけて、今までの「間違った思い込み」を修正し
ちょっとずつ改善していくということを理解したうえで取り組むようにしましょう。
そして、不安や恐怖が強いときには、抗うつ薬(SSRI等)や
抗不安薬(ベンゾジアゼピン系抗不安薬)などを併用して認知行動療法を
進めていくのがいいでしょう。



【1日5分で恐怖症を克服する方法】はこちら
http://www.infotop.jp/click.php?aid=250591&iid=36675

恐怖症をどうしても治したいという【【強い意志】】を持った方におすすめです。

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く