教育ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

地震恐怖症の治療克服法 教育


【1日5分で恐怖症を克服する方法】はこちら
http://www.infotop.jp/click.php?aid=250591&iid=36675

恐怖症をどうしても治したいという【【強い意志】】を持った方におすすめです。




「地震恐怖症は治療することで克服できます。」
最初にこれだけは知っておいてください。

地震恐怖症とは、「地震が起きていないのに揺れを感じる」「地震が怖くて眠れない」
というように、地震に対して極度の不安・恐怖感を抱いてしまう恐怖症です。
そんな地震恐怖症の症状を改善することができる治療法を知っていますか?
当サイト管理人はその治療法で実際に恐怖症を改善することができました。
その治療法は『自宅で薬を飲むこともなく恐怖症の症状を改善する』
というコンセプトの治療法ですが・・・続きはこちら


地震恐怖症の症状とは?
地震恐怖症の身体的な症状としては、不眠、頭痛、涙が出る、パニック症状などがあり、
重症化してしまうと日常生活に支障をきたしてしまうこともあります。

地震恐怖症になる原因は、実際に大地震を経験したり、テレビやニュースの地震報道を
見たことによる不安感・恐怖心によるもので、そうした体験や映像がトラウマとなり
地震恐怖症になってしまいます。

「また地震が発生したら・・・」と考えると自分の子供を守れるか心配で夜も眠れない
少しの揺れでも恐怖がよみがえってしまい、パニックになってしまう。
いつも流れる地震のニュースが原因でその事ばかり考えてしまい、不安でしょうがない
深度1の弱い地震でも恐怖で体の震えが止まらない。ソレが原因で不眠・頭痛で悩んでいる
実際には揺れていないのに、恐怖心からか揺れているように感じてしまい不安で仕方がない


地震恐怖症の原因は過去のトラウマ・・・

「じゃあ、なぜ、私だけ地震恐怖症になったの?」

と疑問に思うかもしれませんが、それは心の「とらわれ」による脳の学習が原因です。

というのも、地震恐怖症にならない人は、地震が止まると「地震が止まってよかった」
と安心するのですが、地震恐怖症になってしまう人は、「また地震がきたらどうしよう」
とマイナス思考が優先してしまい、考えれば考えるほど不安感・恐怖心が増してしまうのです。
そして、どんどん地震に対する負の心理が増幅されて地震恐怖症になってしまうのです。

ビックリしないでくださいね・・・

こんなことを言うと「えっ!?そうなの!?」と思うかもしれませんが、実はあなた自身が
考えることにより地震恐怖症を作り出しているのです。

前文でも述べましたが、地震が止まって安心した人達は、地震が止まったという安心感が
強いので地震恐怖症なんてことは考えもしません。
すべてはあなた自身の心の「とらわれ」による思考が原因になっているのです。

そうは言っても、大地震により悲惨な経験をしてしまうと、誰しも恐怖心が強くなり
非常に辛い思いをしてしまうでしょう。
ただ、私が言いたいのは、「地震を怖がることがダメ!」と言っているのではないのです。


地震恐怖症の治療克服法とは・・・
地震恐怖症を治療し克服する為には、まず自分の思考をしっかりと理解するということです。

地震には強い地震もあれば弱い地震もあります。
強い地震の時に、のんびりお茶を飲んでいては問題があります。
逆に弱い地震の時に、異常なまでに反応して非難するのも問題があります。

地震に対する恐怖は大事な自己防衛機能のひとつであり、この恐怖による自己防衛機能が
ないと、危険を回避することができなくなってしまうので、日常生活で大きな支障をきたして
しまうでしょう。

しっかりと理解しないといけないのは、
「強い地震は危険であるが、弱い地震は危険ではない」
ということです。

少しずつ、心の「とわわれ」を改善することで、地震恐怖症の克服につながるので
あせらず、ゆっくりと、地震に対しての過度なまでの思考を修正していくことが大事です。

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く