ギャンブルノウハウをみんなで自由に編集し合える!

集合体恐怖症の症状と克服法  ギャンブル

集合体恐怖症とは、イチゴの種、蜂の巣、鳥肌、などのように何かが密集している状態を見ると
極度の不安感・不快感を抱く恐怖症です。
そんな集合体恐怖症の症状を改善することができる治療法を知っていますか?
当サイト管理人はその治療法で実際に恐怖症を改善することができました。
その治療法は『自宅で薬を飲むこともなく恐怖症の症状を改善する』


集合体恐怖症の症状とは?
症状としては、痒み、吐き気、悪寒、などがあり、症状が酷い場合は、集合体を見るだけで
嘔吐してしまう場合もあり、社会生活に支障をきたすこともあります。

集合体恐怖症になってしまう原因ですが、ある専門家は「ブツブツなどの集合体が、蜂の巣や
昆虫の群れ、天然痘などの皮膚病を連想させて、極度の嫌悪感を生じさせているのではないか」
ということらしいのですが、ソレが理由で病院に来る人が少ないので詳しくはわかっていない
ようです。

集合体恐怖症が苦手な状況や物は様々あるようです。


[check] 蜂の巣とか、丸い模様の珊瑚のような、つぶつぶの集まりが大嫌い。
[check] 小さな虫が集まっている光景みるとゾクッとする。
[check] 症状がひどい時は、いくらや筋子も意識してしまい食べれなくなる。
[check] ダルメシアン柄やドット柄が苦手
[check] 穴の群集が怖くて仕方がなく、排水口、シャワーの口、並んだパイプの口などが苦手、
ある画像を見た時は嘔吐した。
(ある画像?というのはこの言葉を見ただけで想像して嫌悪感を抱く方がいるので
ふせておきます。)

と人によって様々な状況や物が集合体恐怖症の不安・恐怖の対象になります。

恐怖症になってしまう原因のほとんどは、過去のトラウマが関係していますが、集合体恐怖症
に限っては過去のトラウマというよりは、病気などと連想するという心の「とらわれ」が原因で
症状がでてしまっているように感じます。
といっても、心の「とらわれ」という点では、ほかの恐怖症と共通しているので治療は可能でしょう。
集合体恐怖症を克服するうえで重要なのは、この集合体に対する心の「とらわれ」を改善する
ということです。

本来は蜂の巣やイチゴの種のような集合体を見るだけでは人体的な影響はありませんが
集合体恐怖症の方は、集合体に対して負の連想をしてしまうために、人体に異常をきたして
しまいます。
大事なのは「集合体を見ても大丈夫」「集合体を見るだけなら全然問題ない!」という考え方
をするようにし、心の「とらわれ」を少しずつ修正することです。

方法としては【エクスポージャー(暴露療法)】という治療法があり、苦手な状況や物に対して
少しずつ接することで、【集合体は怖い】という間違った心の「とらわれ」を【集合体は大丈夫】
というように修正していくという方法です。

この治療法で重要なのは心の「とらわれ」を少しずつ修正していくということです。

注意が必要なのは、あせって克服しようとするあまり、急に接する機会を増やしてしまうと
さらに苦手意識が強まってしまい重症化してしまう場合があるので、あせらず少しずつ
改善していくことが大事です。

集合体恐怖症は心の「とらわれ」を修正することで、克服することができる病気です。
あせらずに少しずつ治療していくとよいでしょう。

【1日5分で恐怖症を克服する方法】はこちら
http://www.infotop.jp/click.php?aid=250591&iid=36675

恐怖症をどうしても治したいという【【強い意志】】を持った方におすすめです。


関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く