食事ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

先端恐怖症の症状と克服法  食事

先端恐怖症とは、尖ったものに恐怖や不快感を感じる恐怖症です。
私の嫁も軽度の尖端恐怖症なんですが、
ある治療法を試したところ、わずかな時間で改善することができたんです。
その治療法は『自宅で薬を飲むこともなく恐怖症の症状を改善する』
というコンセプトの治療法ですが

【1日5分で恐怖症を克服する方法】はこちら
http://www.infotop.jp/click.php?aid=250591&iid=36675

恐怖症をどうしても治したいという【【強い意志】】を持った方におすすめです。

先端恐怖症とは?
尖ったものと言っても様々で、鉛筆、お箸、爪楊枝、はさみ、ナイフ、カッター、人の指など
尖っているものなら、ほとんどの物が恐怖や不快感の対象になります。
その症状も様々で、尖っている物を見ると、刺さる心配がない状況でも恐怖を感じたり、
ナイフやカッターを見るだけで、人を傷つけてしまうのではないかと考えてしまう場合もあるようです。

私の妻も、軽度の先端恐怖症なのですが、指や尖った物を目の前に持っていくと、
かなりの不快感を感じるようです。
目の前と言っても、50センチぐらい離れた場所から、指を刺しても駄目なようです。
私がレーシック手術を受けて、視力が回復したので、妻も受けたいと言っているのですが、
先端恐怖症の為、レーシック手術は無理なようです。
私の妻のように、軽度の先端恐怖症だと、日常生活でも特定の状況でしか支障はないのですが、
悪化すると尖った物を見るだけで不快感を感じてしまうので、とても辛い病になります。


先端恐怖症の治療法とは・・・
先端恐怖症を克服する方法として【エクスポージャー(暴露療法)】という方法がありますが、
この方法は苦手な状況や物に、少しずつ接する機会を増やして、徐々に慣らしていくことで、
【間違った学習】による心の「とらわれ」を修正していく治療法です。

といっても急に克服しようとしてはいけません。

最初は、あまり先が鋭利ではない物から徐々に鋭利な物に慣らしていき、少しずつ
ステップアップしていくことが大事です。
エクスポージャーで治療するうえで、重要なのは徐々に慣らしながら克服するということです。

先端恐怖症は正しい治療をすることで、克服することができる病気です。
あせらずに
少しずつ治療していくとよいでしょう。

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く